聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、パートナー

2017年08月10日 | 日記
既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたからというのが実に多いのです。


自分とのことを考えてくれている人に対し、申し訳ないという気持ちが生じたり、浮気相手との不毛な駆け引きにうんざりする気持ちが出てきたりします。


また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、ここぞとばかりに別れを切り出すきっかけになるのです。


浮気の事実が判明し、離婚のための裁判になると、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。


どのようなものでも証拠になるというわけではなく、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、二人でラブホテルを利用している写真や動画、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。


スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSが証拠として採用されるケースがあります。


相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねるケースもままあります。


ひそかに不倫しているところを見られて、たとえその場で平謝りだったとしても、浮気相手と示し合わせて猫をかぶっている可能性はおおいにあります。


言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、興信所などを使って調査してもらい、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、お灸をすえてやりましょう。


頻繁に掛かってきたり電話を受けていたり、取り合っているとなるとその相手が浮気相手であるという可能性はとても高いと言えるでしょう。


それがわかったら電話番号の主を、調べればいいのですね。


そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。


ネットで検索すると探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。


そこで目安になるのは「地域」です。


誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、地域を頭の隅に置いて、インターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。


ある程度の選別ができたら最寄りの営業所か代表電話に電話して、依頼したい旨を伝えてみましょう。


ひと括りに探偵といっても結局のところ話をしてみないと、誠実そうな会社かどうかもわからないですからね。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不倫調査はどこも似たような... | トップ | 興信所の仕事と聞いて、誰か... »