聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

不倫相手の奥さんから、慰謝料を求める内容証明

2016年11月02日 | 日記
不倫相手の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届くことは充分考えられます。


一般的に慰謝料というと、相手側の離婚の有無で変わってくるものです。


その時点で離婚していないのに高額すぎる慰謝料請求があった場合、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するようにしましょう。


浮気の調査を探偵に任せ、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。


不信感を抱いてしまった相手と、この先の長い時間を一緒に過ごすことはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。


それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の請求をしておけば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。


探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、調査相手の居住地に近い業者の中から探しましょう。


細かな土地勘があればあるほど、仕事を有利に進められますし、報告書の精度も上がるでしょう。


それと、依頼内容次第では向き不向きもあるようですし、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か電話で話をして確認しましょう。


あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、調査の方法や時間などによって幅がありますがただ浮気がまだ推測の段階であるケースでは、調査することが多いでしょう。


浮気をしている証拠をつかんだら、もう一度話し合いをして調査員の数などの詳細を決めていきます。


名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。


ウェブを利用することで、探偵社の評価や得意分野等を見ることができると思います。


都内在住なら自分の住んでいる区内から総合評価が良い事業者を選び、依頼すれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、不倫の証拠収集も期待できるはずです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浮気調査の第一段階ですべき事は | トップ | GPS装置を用い、良く行く場 »