聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を

2016年10月08日 | 日記
離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかをよく考えてから相談するといいでしょう。


また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談しましょう。


女性の場合、近所に住む奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、後で噂になりたくないなら絶対にしてはいけません。


浮気調査を探偵に依頼する際、調査にかかる費用というのは、気にするなというほうが無理でしょう。


無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、先方の営業所は避けて、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで顔合わせするという手段もあります。


違法な勧誘から身を守るための手段です。


探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。


まずは大手や中小にこだわらず、地域周辺に限って、ウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。


ある程度の選別ができたら電話をかけて、依頼したい旨を伝えてみましょう。


いくら悩んだところで実際に話してみなければ、探偵社の雰囲気すらわからないです。


電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。


パートナーの浮気で慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。


一例を挙げると、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、二人でラブホテルを利用している写真や動画、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。


また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みが裏付けとして用いられることも多くなりました。


実際に探偵に頼むことで、浮気の証拠を掴む事が可能です。


相手がおかしいと思った時、最初は自分でなんとかしようとすると思います。


けれども、浮気の証拠を自分だけで集めようとしたら自分の行動が相手に見つかってしまう可能性が高いです。


その原因ははっきりしており、顔がばれてしまっているからです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たとえば携帯電話の通話履歴... | トップ | 浮気の素行調査を探偵社に依頼す »