聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

浮気があったがために家族会議でも離婚話が進展

2017年05月18日 | 日記
浮気があったがために家族会議でも離婚話が進展せず、とうとう家裁での離婚調停となる場合もあります。


調停の場では家事調停委員を間に入れて裁判所内で協議が行われるため、当事者のみではもつれがちなことでも、スムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済む点で頼もしいシステムです。


緊張せずリラックスして臨みましょう。


私は大手探偵社の調査員をしていますが、一番多いのは浮気の調査ですね。


もちろん、その証拠を集めるにはそれなりのワザとカンを不可欠です。


それに、思いがけない展開でも、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。


不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、クライアントの利益を損なうことに繋がるため、最大限の用心をしつつ調査につくのが大事です。


信頼と安全の確保に手抜きはありえないのです。


配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり逆に高い料金設定であったりするところではなく、細やかな料金設定がされており追加の料金設定がなされていないような探偵会社を選択するのが良いでしょう。


他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうかお調べください。


法を逸脱した調査をしている探偵社には委託しない方がよいでしょう。


4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。


夫は7つ年上で社宅住まいです。


先月半ばに彼の職場不倫がわかり、夫婦双方の親同席で相談し、最終的に離婚という結論が出ました。


これから女手一つで、この子たちを養育していく責任があります。


メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、間に弁護士を挟んで、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、公正証書というのを作ってもらいました。


浮気調査を探偵に依頼する際、調査にかかる費用というのは、もっとも気にかかる問題でしょう。


探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。


もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、むこうの事務所の代わりに、人の出入りが多いファミレスやカフェで会ってもらえば話もしやすいでしょう。


不当な契約の強要の防止にもなるので安心です。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 配偶者の不倫を疑って探偵に調べ | トップ | せっかく探偵が問題なく仕事をし »