聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、この

2016年11月07日 | 日記
もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、この二者にははっきりとした法制度上の違いが存在するんですよ。


便利屋でしたら無届けでも開業できますが、探偵の業務を取り扱う会社の場合は、その地域の警察署を通して公安委員会に開業開始届出書類を提出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。


こうした手続きを踏んで、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。


探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。


相談に行っただけなのに事務所に足止めし、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は危ないと思ってよいでしょう。


断って帰宅したあとでも、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。


誠実な探偵業者は依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。


時間によって尾行料金が決まる場合、探偵が尾行を行う時間が長いよりも短い方が費用が少なくなります。


ということは尾行を探偵に頼むなら、パートナーの日常の行動を調べておくことが重要です。


その中で、最も怪しい時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができお互いのメリットとなります。


興信所を利用するにはお金がなければダメかというと、最近は結構多様化してきていて、全国展開している大手などでは代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。


明細書の記載に配慮したところも多く、履歴から興信所や探偵を利用したことが気付かれる恐れもありません。


カード会社の加盟店になるには条件を満たす必要がありますし、それだけ信頼性も高いということです。


まず探偵に関して言うと、誰かに不審に思われないよう充分すぎる注意を払って粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に身分や目的を開示してから正面からの調査を行う傾向にあります。


探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、対象についての情報収集は興信所が上手いと、おおまかには考えられます。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 32歳の主婦です。6つ年長... | トップ | 浮気調査等で探偵に支払う額... »