聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

これから探偵を雇うつもりでいたら、平均的な

2017年06月16日 | 日記
これから探偵を雇うつもりでいたら、平均的な価格に関する知識が不足していると、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。


時間あたり1万円程度を見積もっておくと良いでしょう。


時間数が増えてもディスカウントは期待できず、支払いにはねかえってきますから、どれだけ費用がかけられるかあらかじめ考えておくようにしましょう。


興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、別段変わりは無いと言っても言い切れます。


共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような同じような仕事内容です。


とはいっても、どちらかを選ぶとしたら依頼は、企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。


相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。


子供がいるご夫婦の場合は特に旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。


相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。


男手一つで育てる場合にもまた同様で、仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。


尾行料金の相場はと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが1時間あたり1万円から3万円くらいです。


言うまでもありませんが、調査員の数が少なければ安く増えるほど高くなります。


また、尾行の時に車やバイクで移動すると、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので確認がいります。


料金体系が成功報酬制の探偵事務所は、最終的に成功した調査でないと報酬を得られないリスクというが大きく、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。


そのようなケースも勘案した場合、成功報酬制を採用している方が浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。


調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、明確な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼すると安心です。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私も会社に所属する探偵とし... | トップ | GPS端末は、車の目に触れ... »