聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

配偶者の浮気がわかったときは

2016年12月31日 | 日記
配偶者の浮気がわかったときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。


ただ、落ち着いてきてからで構わないので、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。


浮気はどう言い訳しようと、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、気持ちの上では慰めにならないかもしれませんが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)は、請求しましょう。


探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから追加料金が生じることもあります。


契約書を見てみると、まともな会社であれば、別途料金を請求することについて記載されています。


したがって契約書にはよく目を通して理解することは、トラブル防止に役立ちます。


説明を聞いてもわからなかったりしたら、依頼前に質問して、解消しておくのも大事だと思います。


探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は探偵社次第で結構な違いがあるようです。


一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、契約前にいくつかの会社に見積り依頼しておくのをおすすめします。


あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報をデータとして用意するか、メモなどで整理しておくと、調査時間の短縮になる上、費用圧縮になります。


どういうわけか浮気というのは、何度も繰り返す始末の悪いもののようです。


浮気が発覚して、謝って一時的に大人しくなるのですが、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開する危険性もあります。


思い当たるフシがあれば、探偵を雇って行動調査をしてもらって、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、決着をつけるべきです。


妻又は夫が浮気していることが明らかになっても夫婦生活を続けていきたいのであれば密会の場面に行こうとするのはやらないほうが無難です。


浮気が発覚したことで、妻または夫の頭に血が上って居直ってしまって夫婦関係が修復不可能になることがあるでしょう。


その上、浮気相手との会話によって精神的に、大きく消耗することになります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どの探偵社に依頼したら良い... | トップ | 自分でやみくもに動き回るよ... »