聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

興信所と探偵事務所の違いとしては、あまり無いのでは

2017年06月30日 | 日記
興信所と探偵事務所の違いとしては、あまり無いのではないかと言っても良いでしょう。


双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような類似した仕事をしています。


でも、差があるとしたら興信所は、企業や団体からの依頼向けで、探偵は個人向けのようです。


夫の浮気相手のところに妻が談判に行って、修羅場と化すシーンは、ドラマのシナリオでもお馴染です。


夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというサスペンスドラマも少なくありません。


浮気しているところを捕まえて問い詰めるのもやり方の1つでしょう。


離婚も辞さない覚悟なら、やってみる手もあるでしょう。


本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、パートナーにしてみれば、人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。


信頼を裏切る浮気を好き放題にやらせておく理由はないはずです。


不倫行為の裏付けをとる手段は身近なところで携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。


ライン、メール、フリーメールなどを駆使して連絡をとっていると考えるのが妥当です。


不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、請求トラブルに発展することがあります。


当初の見積りのほか、高額なオプションが付加されたり、契約を破棄したいというと、違約金を請求されることもあるのです。


契約書にサインする前にチェックは入念にするのは不可欠なのではないでしょうか。


料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、違う業者を当たったほうが良いでしょう。


どういうわけか浮気というのは、何度も繰り返すケースもままあります。


浮気が発覚して、謝って一時的に大人しくなるのですが、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っているおそれは充分あります。


言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、調査を探偵社に依頼して、きっちり不倫の裏付けをとり、責任をとらせるべきではないでしょうか。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマホの普及でSNSを利用... | トップ | 浮気の慰謝料の請求は、いつ... »