聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

広告は見るものの、探偵を頼む

2017年05月12日 | 日記
広告は見るものの、探偵を頼むことはあまりないですよね。


浮気調査をしてもらおうと決めたところで、どこが良いやらピンとこないのが当然とも言えます。


個人ないし法人が探偵業務を取り扱う際は、公安への届出が必要で、申請が認可されると認可番号が交付されます。


まともに届出を出している会社なのかは、番号を見れば判断がつきます。


ですから広告や看板、ホームページ等に届出番号の記載があるか確認しておくようにしましょう。


自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、離婚するか気づかないままにするのかなかなか決められずに困りますよね。


ひとまず冷静になって、浮気調査を依頼してしまうよりも先によく考えておくことが賢明です。


法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。


本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、その配偶者からしたら不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。


そんな不埒な行いをしたい放題にしておくなんてもってのほかです。


不倫の証拠収集というと色々ありますが、やはり携帯(スマホ)ですね。


ライン、メール、フリーメールなどを駆使して不倫相手と連絡をとっている可能性があります。


浮気調査で先ずすべき事は、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。


浮気しているか否かが不明瞭な場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。


調査により浮気が確定した場合に、次にすべきことは浮気相手の特定です。


尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、怪しまれぬよう監視を続け浮気相手の姿・年齢・氏名などを押さえるのです。


最近はデジタル技術が発達したので、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使ってかなりの精度で見つけることが可能になってきました。


気になる相手にGPS機能搭載のスマホを使用させることにより、ほとんどリアルタイムでどこにいるかが分かってしまうのはすごいですね。


それで罰則があるというわけでもありませんし、独力で浮気を発見するにはこれとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 探偵に不倫調査をしてもらっ... | トップ | 意外かもしれませんが、不倫... »