見沼製作所(実在せず)Blog

趣味のひとつ、電子工作、アマチュア無線を中心を紹介する自己満足ブログです。

バランの製作

2017-05-20 08:23:42 | 自作
毎年夏にキャンプをしますが、今年は無線復活(?)ということで、キャンプ場で移動運用をしようかと企んでます。

過去に7MHz帯で逆Vを張って移動運用はしていたのですが、今年は50MHz帯でやってみようかと思い、アンテナを作る予定です。

で、いきなりアンテナ の前にバラン製作をしてみました。

1:1の強制バランの製作記事はWebでも書籍でもたくさんあるので、かなり安直に考えていたのですが、いざやってみると・・・  ダミーロードを付けて計測してもSWRが下がらない!



巻き方が悪いのか? 巻き回数が悪いのか?  分解しては色々とためしましたが、どうもうまくいかず・・・
巻き回数を変えればHF帯は下がったり・・・ はて??


「もしかしたらダミーロードがいけないのでは?」と思い、セメント抵抗で作ったダミーロードの代わりに、市販のダミーロードをつけたところ、下がりました!



そういえば、セメント抵抗、巻線抵抗だったような。 「50MHz帯くらいだから巻線抵抗でも大丈夫だろう」と甘く見ていたのですが、どうもこれが原因のようです。
結局、バラン自体はしっかり動いていて、単純にダミーロードが正しく作用していなかった(直流抵抗はOK)ようです。



↑これが犯人



とりあえず、ダミーロードはできたので、アンテナ本体ですね。
簡単にヘンテナに済ますかな・・・ キャンプ場で目立つのもナンですしね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 廃品種のはずが・・・ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。