JJ1WKN Log

自作や移動運用関連のログです。

トラ技 付録 NEC 78K0 マイコン その1

2008-07-12 | 78K0
昨日買ってきたトランジスタ技術 2008年8月号にはNECの78K0マイコン基板が付録に付いていました。
このマイコンにはUSBコントローラが乗っていて、USBファームウェアと、プログラムの書き込みなどを行うBIOSが書き込まれているので、USBに接続すればすぐに動作します。
コネクタの半田付けなども不要で、基板を直接USBポートに刺すことができます。

USBマイコン基板です。


パソコン側には、USBをシリアルに変換するドライバをインストールしますので、ハイパーターミナルなどの通信ソフトで制御することができます。
ハイパーターミナルでUSBマイコン基板に接続して、BIOSのdumpコマンドでメモリの内容を表示しているところです。


プログラムの書き込みはHEXファイルをテキストでUSBマイコンへ転送すると、BIOSがメモリに書き込んでくれます。
RAMに書き込んで実行したところです。


サンプルプログラムのsample1.hexを書き込んでみました。
P6.1 ^= 0x01;
でP61ポートに接続されているLEDを点滅させているだけです。
マイコンで最初に動かすプログラムはLEDピカピカです。


無限ループするプログラムなので、動き出したら電源を切る以外に止めることはできません。USBポートから抜きます。
RAMで実行しているので、電源を切るとプログラムは消えてしまいます。

LEDピカピカのテストが終わったので、フラッシュROMに実用的なプログラムを書き込んでみることにしました。
RAMは2KBしかありませんので、大きなプログラムは書き込めませんが、ROMは8KBあります。
テストしたのは、サンプルの「あまり強くないオセロゲーム」です。
プログラムを書き込んでいるところです。
書き込みは1KBずつなので、大きなプログラムは数回に分けて書き込みます。


書き込みが終了してプログラムを起動したところです。


オセロゲームの初期画面です。


「あまり強くない」だけあって、適当にお相手したら勝ちました。


開発環境もC言語が付いているし、空きポートの数も多いので色々応用ができそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PIC12F675 フルカラーLED点灯... | トップ | トラ技 付録 NEC 78K0 マイコ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご案内 (小島)
2008-07-18 03:03:13
~あなたの作品が『トランジスタ技術(CQ出版)』に載る!~

はじめまして、「Engineer Award」事務局の小島と申します。
http://www.engineeraward.jp/

「Engineer Award」とは、国内最大級のエンジニアSNS「エンカフェ」
http://encafe.jp )を活用した、日本で初めての技術コンテストです。

本コンテストのハード部門では、電子工作ガジェット
(トランジスタ技術の付録、OpenDMPPキット使用)を活用して、
作品を制作していただきます。

ブログに、2008年8月号のトラ技のことが書かれていたのを
拝見し、ご連絡させていただきました。
(以前にもご連絡をさせていただき、重複しているようでしたら、
誠に申し訳ございません)

本コンテストは、審査の結果、優秀な作品には、
大賞や特別賞の授与だけでなく、
「トランジスタ技術(CQ出版)」の書籍への掲載(特集記事)や、
秋葉原の電子工作部品店舗への作品展示の機会なども
提供されます。
また、極めて優秀な作品には、その作品の製品化といった
可能性も考えております。
もちろん、高度な技術の作品だけでなく、面白い作品なども
大歓迎です。
さらに、作品作りのサポートとして、協力企業様やコンテスト事務局の
主催による技術勉強会なども実施しておりますので、初心者の方でも
安心してご参加いただけます。

また、今回の審査員としては、CQ出版株式会社 トランジスタ技術編集長の
熊谷秀幸氏など、豪華ゲストをお迎えしております。

今回のコンテストのエントリー締切りは、目前に迫った22日、
作品応募の締切りは27日と、時間があまりありませんが、
8月号のトラ技(http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/131/Default.aspx )の
付録USBマイコンと、サンプルプログラムの入った付属のCD-ROMを
お使いいただければ、この短い期間でも、何か作品をお作りいただけるのでは
ないかと思います。

今回は、コンテストに参加を検討しているエンジニアの
仲間たちとも、SNSを通じて交流することもできるコンテストです。

少しでもご興味を持っていただけましたら、下記HPより、
是非ともエントリーいただければ幸いです。
腕試しの機会として、本コンテストをぜひご活用ください。
http://www.engineeraward.jp/

ご参加を、お待ち申し上げております。


追伸:本コンテストへの参加予定がない方でも、
    エンジニアSNS(http://encafe.jp )や、
    コンテスト専用コミュニティ(http://mixi.jp/view_community.pl?id=3460138
    への登録は大歓迎です。
    8/2にはコンテストの授賞式と交流会イベントが予定されており、
    そのご案内も、上記コミュニティ内でお伝えいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。