JJ1WKN Log

自作や移動運用関連のログです。

50MHz AMトランシーバの製作 その2

2010-10-10 | 無線機
その2です。

送信部のミキサーを試作してみました。

回路図です。
TA-7310Pで19.069MHzを発振させ、31.66MHzのVXOと混合して50MHz帯にします。


試作したミキサー部分です。
左側の四角いのが19.069MHzの水晶です。
表面実装品なので裏返して両面テープで貼り付けています。
バッファを1段追加しようかと思いましたが、1dBm程度の出力でしたので、省略しました。


試作基板の全景です。
この後は「トロイダルコア活用百科」に掲載されているDBMを使用したAM変調回路を実装する予定です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50MHz AMトランシーバの製作... | トップ | 50MHz AMトランシーバの製作... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。