JJ1WKN Log

自作や移動運用関連のログです。

Tanukino Si5351A VFO 50MHz SSBトランシーバーの製作 その2

2017-01-04 | 無線機
その2です。

SBMを調整してキャリアが出ない点に設定するのですが、出て来るキャリア小さく、VRやTCを回しても変化がありません。
SBMの後段はRFアンプ、USB型XF、RFアンプの予定なのですが、後段を先に作ることにしました。

RFアンプの回路図です。


RFアンプは汎用的に使用できるように、ブロック化してみました。
今まではベタGnd基板にコイルを逆さまに付けて空中配線していましたが、今回はチップCRを使用して小型化を狙っています。
基板レイアウトです。サイズは6穴x6穴です。
共振用Cは変更する可能性があるので、通常のセラコンにしました。
TRはとりあえずチップ部品の使用は避けて、他はチップ部品にしました。
ピンクの太線以外の部分には銅箔を貼ってGndを確保しました。


基板の上面です。コイル、TR、端子のみです。


基板の裏です。


ノーランド工法で端子兼足を。ベタGnd基板に仮止して実験をします。
このブロックは実験用で、回路が固まったら横長の基板にする予定です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箱根駅伝の鶴見中継所で観戦 | トップ | Tanukino Si5351A VFO 50MHz ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

無線機」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。