JJ1WKN Log

自作や移動運用関連のログです。

50MHz AMトランシーバの製作 その13

2010-11-15 | 無線機
その13 です。

ケースに入れました。
バーニアダイアルの高さがあるので、お菓子の缶で丁度良いものが無かったので、100円ショップのケースにしました。
サイズは180x120x80mmです。
シールド効果を狙ってアルミテープを全面に貼り付けてあります。


ケース正面です。
毎度ながらSメータの角穴は大変ですが、プラスチックケースなので、カッターで削れるので今回は割りと楽でした。


SメータのUPです。


左側面です。
マイクと電源コネクタです。


右側面です。
BNCコネクタだけです。
通常は背面に付けるのですが、背面は何も配置せず、背面を底にできるようにしました。


中身です。
LPF基板を介してRX基板とTX基板を半田付けして一体化してあります。


SPは蓋に付けました。


以前アルミテープを貼った時、テープを重ねた場合糊が絶縁物になって導通しなかったことがありましたが、今回はアルミテープの糊が薄いのか導通していました。
これで、安上がりなシールドができますね。

配線が混み入っていましたが、誤配線も無いようで、火を入れたら単体テストの通りに動作しました。
至近距離でハンディで送信して受信してみましたが、さすがにSメータが張り付いたので、10KΩのVRをメータに入れてフルスケールにしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50MHz AMトランシーバの製作... | トップ | MTM06に行ってきました »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ついに完成ですね! (CY7Cxxx)
2010-11-16 00:35:25
50MHz・AMトランシーバの完成、おめでとうございます。しかも、通電一発合格!

いつものことながら、細かい巧の技に感服いたしました。

筐体に「取っ手」がついているのは、フィールドでの運用に効果絶大と思われます。

やっとできました (wkn)
2010-11-16 21:32:55
今回は工程遅延で結構かかってしまいましたが、開始が10/9なので、1ヶ月強というところですね。
実験しながらなので、こんなものでしょう。
次のテーマを検討中です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。