JJ1WKN Log

自作や移動運用関連のログです。

TA7310P 7MHz DSB TX VXO他の実験

2009-08-04 | 無線機
平衡変調の実験がうまくいったので、DSB送信機としてまとめて行きたいと思います。

回路図です。
7.1MHzのまま周波数変換はしませんので、前出のブロック図にあった同調回路は省略して少ない部品で構成する方針にしました。
同調回路はこの後にBPFを付ける予定です。
OSC回路は接続するコンデンサの定数をうまく設定すると、同調回路無しで発振します。
Lを適当に選んでVXOとしました。
ミキサーで変調後は7,9ピンで構成されるアンプで増幅しますが、ここも同調回路は省略して103でつなぎます。
出力側はとりあえずチョークで取り出すことにしました。


実験基板です。
VXOの動作確認と後段のアンプの動作確認が目的なので、マイクアンプは邪魔なので、取り外しました。


VXOの可変範囲は47μHで7102~7111kHzでした。
100μHに替えたところ発振が止まりましたので、もう少しは広げられそうです。
この後はドライバとPAで出力100mWを目指します。
並行して穴あき基板のレイアウトを検討中です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TA7310P 7MHz DSB TX 平衡変... | トップ | LM386 実験用アンプBOXの製作 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。