阿武松緑之助(おうのまつ みどりのすけ)の徒然日記

タイトルの由来・・・落語の「阿武松」という噺が大好きなんですよ!・・・阿武松緑之助 第6代横綱(能登国鳳至郡七海村出身)

ようこそ、阿武松緑之助のブログへ!


52歳のオヤジが「糖質制限ダイエット」に挑戦中!

2014年04月29日 07時17分32秒 | Weblog




「糖質制限ダイエット」に挑戦中!

2週間で3.0キロ痩せました!


※今日は2007年から始まった「昭和の日」ですね・・・皆様はいかがお過ごしですか?一昨日の日曜日、昼食でとうとう我慢できず「日清スープヌードル」を食べてしまいました。しかし、体重の変化はなく、「糖質制限」の威力?を感じています。休みの日が多いと「ついつい間食!」の悪い癖にはまらないように気をつけたいですね!昨年はきつかった夏ズボンをはき始めましたが、少しお腹周りが凹んだせいか、今年は問題なく着用できて嬉しいです!(*^o^*)




04月15日 火 78.3
04月16日 水 77.5
04月17日 木 77.2
04月18日 金 77.2
04月19日 土 76.8
04月20日 日 76.3
04月21日 月 76.5
04月22日 火 76.0
04月23日 水 75.9
04月24日 木 75.4
04月25日 金 75.2
04月26日 土 74.8
04月27日 日 74.8
04月28日 月 75.4




【楽天ブックスならいつでも送料無料】炭水化物が人類を滅ぼす [ 夏井睦 ]


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分の身体で糖質制限を試し、効果や危険のなさを確かめた著者は、糖尿病の糖質制限治療の第一人者である江部康二氏と親交を深めながら、栄養素としての糖質の性質や、カロリーという概念やその算出法のいいかげんさ、そしてブドウ糖からみえてくる生命の諸相や進化などについて独自の考察や研究を開始。本書では、糖質からみた農耕の起源についても新説を展開、穀物栽培により繁栄への道を得た人類が、穀物により滅亡への道をたどりつつあることも指摘する。著者のHPに日々寄せられる、多くの糖質セイゲニストからの体験談の一端も紹介。糖質を切り口に様々なことを考える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 やってみてわかった糖質制限の威力/2 糖質制限の基礎知識/3 糖質制限にかかわるさまざまな問題/4 糖質セイゲニスト、かく語りき/5 糖質制限すると見えてくるもの/6 浮かび上がる「食物のカロリー数」をめぐる諸問題/7 ブドウ糖から見えてくる生命体の進化と諸相/8 糖質から見た農耕の起源

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
夏井睦(ナツイマコト)1957年秋田県生まれ。東北大学医学部卒業。練馬光が丘病院「傷の治療センター」長。2001年、消毒とガーゼによる治療撲滅をかかげて、インターネットサイト「新しい創傷治療」を開設。湿潤療法の創始者として傷治療の現場を変えるべく、発信を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




主食をやめると健康になる

主食をやめると健康になる
著者:江部康二
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





52歳のオヤジが「糖質制限ダイエット」に挑戦中!

2014年04月27日 07時42分25秒 | Weblog




「糖質制限ダイエット」に挑戦中!

11日で3.5キロ痩せました!


※昨日は土曜日、「糖質制限ダイエット」に挑戦して、2回目の週末です。朝は野菜ジュース1、ベビーチーズ1ヶ、目玉焼き1ヶ、一昨日の残りの豚味噌漬け4切れ、葉物野菜カップ1、コーヒー1。昼は711のメンチ1ヶ、唐揚げ串1ヶ、コーヒー1。夜はこんにゃく麺1、ホッケ塩焼き1/3、唐揚げ2ヶ、葉物野菜カップ1、わかめと大根のみそ汁1。お米は1粒も口にしませんでした。満腹ではありませんが、満足感はありますかね。11日で3.5キロ減で、75キロを下回って、ダイエットは順調に進んでいます!




04月15日 火 78.3
04月16日 水 77.5
04月17日 木 77.2
04月18日 金 77.2
04月19日 土 76.8
04月20日 日 76.3
04月21日 月 76.5
04月22日 火 76.0
04月23日 水 75.9
04月24日 木 75.4
04月25日 金 75.2
04月26日 土 74.8




【楽天ブックスならいつでも送料無料】炭水化物が人類を滅ぼす [ 夏井睦 ]


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分の身体で糖質制限を試し、効果や危険のなさを確かめた著者は、糖尿病の糖質制限治療の第一人者である江部康二氏と親交を深めながら、栄養素としての糖質の性質や、カロリーという概念やその算出法のいいかげんさ、そしてブドウ糖からみえてくる生命の諸相や進化などについて独自の考察や研究を開始。本書では、糖質からみた農耕の起源についても新説を展開、穀物栽培により繁栄への道を得た人類が、穀物により滅亡への道をたどりつつあることも指摘する。著者のHPに日々寄せられる、多くの糖質セイゲニストからの体験談の一端も紹介。糖質を切り口に様々なことを考える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 やってみてわかった糖質制限の威力/2 糖質制限の基礎知識/3 糖質制限にかかわるさまざまな問題/4 糖質セイゲニスト、かく語りき/5 糖質制限すると見えてくるもの/6 浮かび上がる「食物のカロリー数」をめぐる諸問題/7 ブドウ糖から見えてくる生命体の進化と諸相/8 糖質から見た農耕の起源

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
夏井睦(ナツイマコト)1957年秋田県生まれ。東北大学医学部卒業。練馬光が丘病院「傷の治療センター」長。2001年、消毒とガーゼによる治療撲滅をかかげて、インターネットサイト「新しい創傷治療」を開設。湿潤療法の創始者として傷治療の現場を変えるべく、発信を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)






主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版

主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版
著者:江部康二
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




52歳のオヤジが「糖質制限ダイエット」に挑戦中!

2014年04月25日 06時01分18秒 | Weblog




「糖質制限ダイエット」に挑戦中!

10日で約3キロ痩せました!


※それは平成22年8月のこと、職場での健康診断でウエスト88センチ、体重85キロで「メタボ」に引っかかり、専門医で受診するはめになった阿武松緑之助。当時は48歳、「1日2食の少食療法」で2年かけて68キロ(体脂肪18.0)まで減量できた。しかし、油断なのか、慢心なのか?次第に自分の好きなモノを好きなように食べる自堕落な生活になり、平成26年4月(52歳)に久々に体重計にのってみた・・・「70キロくらいかな・・・ゲゲゲ・・・78キロもあるぞ!10キロもリバウンドしているとは!!!」ということで、最近、話題の「糖質制限ダイエット」に挑戦してみたゾ!まずは「ご飯・パン・麺」に含まれる大量の炭水化物(糖質)の摂取量を減らすこと!昼の愛妻弁当のご飯を半分残すことからスタートです!




04月15日 火 78.3
04月16日 水 77.5
04月17日 木 77.2
04月18日 金 77.2
04月19日 土 76.8
04月20日 日 76.3
04月21日 月 76.5
04月22日 火 76.0
04月23日 水 75.9
04月24日 木 75.4

※10日で約3キロ痩せました!本当に炭水化物(米・パン・麺)を減らしただけです。肉や魚、野菜類は今までと同じように食べていますので、さほど空腹感はありません。炭水化物を摂らないと食後の血糖値増加が少ないので、昼食後に眠気が少なくなるのが良いですね!




【楽天ブックスならいつでも送料無料】炭水化物が人類を滅ぼす [ 夏井睦 ]


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分の身体で糖質制限を試し、効果や危険のなさを確かめた著者は、糖尿病の糖質制限治療の第一人者である江部康二氏と親交を深めながら、栄養素としての糖質の性質や、カロリーという概念やその算出法のいいかげんさ、そしてブドウ糖からみえてくる生命の諸相や進化などについて独自の考察や研究を開始。本書では、糖質からみた農耕の起源についても新説を展開、穀物栽培により繁栄への道を得た人類が、穀物により滅亡への道をたどりつつあることも指摘する。著者のHPに日々寄せられる、多くの糖質セイゲニストからの体験談の一端も紹介。糖質を切り口に様々なことを考える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 やってみてわかった糖質制限の威力/2 糖質制限の基礎知識/3 糖質制限にかかわるさまざまな問題/4 糖質セイゲニスト、かく語りき/5 糖質制限すると見えてくるもの/6 浮かび上がる「食物のカロリー数」をめぐる諸問題/7 ブドウ糖から見えてくる生命体の進化と諸相/8 糖質から見た農耕の起源

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
夏井睦(ナツイマコト)1957年秋田県生まれ。東北大学医学部卒業。練馬光が丘病院「傷の治療センター」長。2001年、消毒とガーゼによる治療撲滅をかかげて、インターネットサイト「新しい創傷治療」を開設。湿潤療法の創始者として傷治療の現場を変えるべく、発信を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)










52歳のオヤジが「糖質制限ダイエット」に挑戦中!

2014年04月23日 06時01分39秒 | Weblog




「糖質制限ダイエット」に挑戦中!


※それは平成22年8月のこと、職場での健康診断でウエスト88センチ、体重85キロで「メタボ」に引っかかり、専門医で受診するはめになった阿武松緑之助。当時は48歳、「1日2食の少食療法」で2年かけて68キロ(体脂肪18.0)まで減量できた。しかし、油断なのか、慢心なのか?次第に自分の好きなモノを好きなように食べる自堕落な生活になり、平成26年4月(52歳)に久々に体重計にのってみた・・・「70キロくらいかな・・・ゲゲゲ・・・78キロもあるぞ!10キロもリバウンドしているとは!!!」ということで、最近、話題の「糖質制限ダイエット」に挑戦してみたゾ!まずは「ご飯・パン・麺」に含まれる大量の炭水化物(糖質)の摂取量を減らすこと!昼の愛妻弁当のご飯を半分残すことからスタートです!




04月15日 火 78.3
04月16日 水 77.5
04月17日 木 77.2
04月18日 金 77.2
04月19日 土 76.8
04月20日 日 76.3
04月21日 月 76.5
04月22日 火 76.0

※1週間で2キロ以上痩せました!炭水化物(米・パン・麺)を減らしただけです。肉や魚、野菜類は今までと同じように食べています。空腹感はありません。昼食後の眠気が少なくなるのが良いですね!




【楽天ブックスならいつでも送料無料】炭水化物が人類を滅ぼす [ 夏井睦 ]


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分の身体で糖質制限を試し、効果や危険のなさを確かめた著者は、糖尿病の糖質制限治療の第一人者である江部康二氏と親交を深めながら、栄養素としての糖質の性質や、カロリーという概念やその算出法のいいかげんさ、そしてブドウ糖からみえてくる生命の諸相や進化などについて独自の考察や研究を開始。本書では、糖質からみた農耕の起源についても新説を展開、穀物栽培により繁栄への道を得た人類が、穀物により滅亡への道をたどりつつあることも指摘する。著者のHPに日々寄せられる、多くの糖質セイゲニストからの体験談の一端も紹介。糖質を切り口に様々なことを考える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 やってみてわかった糖質制限の威力/2 糖質制限の基礎知識/3 糖質制限にかかわるさまざまな問題/4 糖質セイゲニスト、かく語りき/5 糖質制限すると見えてくるもの/6 浮かび上がる「食物のカロリー数」をめぐる諸問題/7 ブドウ糖から見えてくる生命体の進化と諸相/8 糖質から見た農耕の起源

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
夏井睦(ナツイマコト)1957年秋田県生まれ。東北大学医学部卒業。練馬光が丘病院「傷の治療センター」長。2001年、消毒とガーゼによる治療撲滅をかかげて、インターネットサイト「新しい創傷治療」を開設。湿潤療法の創始者として傷治療の現場を変えるべく、発信を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




脳からうつが消える低糖質レシピ

脳からうつが消える低糖質レシピ
著者:溝口徹
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



日本人だからこそ「ご飯」を食べるな

日本人だからこそ「ご飯」を食べるな
著者:渡辺信幸
価格:961円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





52歳のオヤジが「糖質制限ダイエット」に挑戦中!

2014年04月21日 06時06分33秒 | Weblog




「糖質制限ダイエット」に挑戦中!


※それは平成22年8月のこと、職場での健康診断でウエスト88センチ、体重85キロで「メタボ」に引っかかり、専門医で受診するはめになった阿武松緑之助。当時は48歳、「1日2食の少食療法」で2年かけて68キロ(体脂肪18.0)まで減量できた。しかし、油断なのか、慢心なのか?次第に自分の好きなモノを好きなように食べる自堕落な生活になり、平成26年4月(52歳)に久々に体重計にのってみた・・・「70キロくらいかな・・・ゲゲゲ・・・78キロもあるぞ!10キロもリバウンドしているとは!!!」ということで、最近、話題の「糖質制限ダイエット」に挑戦してみたゾ!まずは「ご飯・パン・麺」に含まれる大量の炭水化物(糖質)の摂取量を減らすこと!昼の愛妻弁当のご飯を半分残すことからスタートです!




04月15日 火 78.3 0.0
04月16日 水 77.5 -0.8
04月17日 木 77.2 -0.2
04月18日 金 77.2  0.0
04月19日 土 76.8 -0.4
04月20日 日 76.3 -0.5
※昼に焼肉店「宝島」でカルビ200g定食(サラダ・スープバー・キムチ&ナムル・ドリンクバー付)を完食するも「ご飯」を食べないだけで、今日も痩せましたヨ!




【楽天ブックスならいつでも送料無料】炭水化物が人類を滅ぼす [ 夏井睦 ]


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分の身体で糖質制限を試し、効果や危険のなさを確かめた著者は、糖尿病の糖質制限治療の第一人者である江部康二氏と親交を深めながら、栄養素としての糖質の性質や、カロリーという概念やその算出法のいいかげんさ、そしてブドウ糖からみえてくる生命の諸相や進化などについて独自の考察や研究を開始。本書では、糖質からみた農耕の起源についても新説を展開、穀物栽培により繁栄への道を得た人類が、穀物により滅亡への道をたどりつつあることも指摘する。著者のHPに日々寄せられる、多くの糖質セイゲニストからの体験談の一端も紹介。糖質を切り口に様々なことを考える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 やってみてわかった糖質制限の威力/2 糖質制限の基礎知識/3 糖質制限にかかわるさまざまな問題/4 糖質セイゲニスト、かく語りき/5 糖質制限すると見えてくるもの/6 浮かび上がる「食物のカロリー数」をめぐる諸問題/7 ブドウ糖から見えてくる生命体の進化と諸相/8 糖質から見た農耕の起源

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
夏井睦(ナツイマコト)1957年秋田県生まれ。東北大学医学部卒業。練馬光が丘病院「傷の治療センター」長。2001年、消毒とガーゼによる治療撲滅をかかげて、インターネットサイト「新しい創傷治療」を開設。湿潤療法の創始者として傷治療の現場を変えるべく、発信を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)