鳥待ち日記

あと半年もすると毎日が日曜日になりそう。予想される<晴撮雨ふて寝>予防に、15年ぶりのブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

保護者❓みたい

2016-12-20 18:09:16 | 日記
 私この頃は毎日公園の池に出勤している。
 朝到着してマズやるのは周辺の藪に猫が隠れているかどうかをチェック。
 猫が可愛いかどうかは個人の趣味ですが、ネコの場合は空腹でなくても野鳥を狙うので油断が出来ない、
 水場に集まる野鳥を藪で待ち伏せをしたり、松の木に居る鳥を狙って気を駆け上ったりする。
 池の鳥も岸近くに寄って来ると猫のターゲットになる。
 そんなわけで、まずは池の周りの安全確認。
 カラスの場合は、小鳥の安全と言うより当方の荷物の安全が問題。
 到着するとすぐに「持ち物検査」にやって来る。
 コンビニ袋をチェックすることをしているので要注意。
 チャック付きの袋に入れて置かなくては、、、私は過去6回被害。

 「鳥の撮影が趣味」と言う事の中身の半分は池の番とか猫の番とかカラスの番とか、、、。
 楽しいから”カワセミ保護クラブ”みたいな気分で
 カワセミが綺麗という事もありますが、仕草も可愛いという事もある。
 鳥から見たら人間は危険・避けるべき対象なんですが、、、人間に慣れ過ぎてしまっては野鳥らしくは無いし、その辺りの兼ね合いが難しい。


 滝の水が止まっている時にカワセミが飛びこみました。

 木の枝から水面まで全部追うとなると200ミリくらいのサイズにしなくていけないので、この時は飛び出し点中心としました。
 
 水中から上がって来る場面は撮っていません

 元の枝に戻って来ることを期待していました。

 木にとまる仕草も可愛いものです。

 トビモノ嵌るとこれは病気みたいなものですネ。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早朝の功罪 | トップ | 頭上注意 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事