くぅも晴れるや!!てぃらさんさん!!

モノローグで語る物語それはわたしの真実

どうにでもなれ

2017-07-16 22:10:55 | Weblog
母親にも死んだほうが良いと思われた

そしておいらは2度自殺を決行した

風呂場で首をくくりバーが外れた

進んでくる車に走って突っ込んだが車が止まった

母親の幻聴が聞こえた

順番は大事

順番は大事

死んだほうが良いと思っていたのに

順番が大事だという

本気で死んだほうが良いと思ったのだろうか

この病気は死んだほうが良いと思われるらしい

そして

そのように行動してしまう

こころの声が聞こえるんだ

今でも脳天に直接入る音以外は音だとしている

幻聴は脳天に直接入る

静かではない町では雑音に混じり声が聞こえる

どこかの誰かが発した声だ

パラボラアンテナのように頭に入ってくる

そいつは幻聴ではない

こころの声が聞こえるんだ

妻と同じ夢を見るときがある

関係のない話だけどね

おいらたち夫婦は障碍者だ

そして

苦労は多い

お互いに

でもね

どうにでもなれって

思うときがあるんだ

自分でどうしようもないときとか

死のうとは思わないんだ

どうにでもなれって

そう思うんだ

やけくそみたいなものだろうか

なるようになるって

かっこのいい言葉は

なにかをしているひとの言葉でしょう?

おいらたちはそうではないから

どうにでもなれなんだ

自分の運命さへも

どうにもできないんだろうなぁ

そうでしょう?

自殺すらできなかったのに

結婚しているんだよ

おかしな状態になったのに

妻がそばにいてくれたんだよ

お互いで助け合ってんだ

でも歳が離れているから

おいらはできるだけ生きないといけない

ボケたりなんかはしてられないんだ

妻の聴く声を確認する

音に対して敏感なんだ

だから外も怖くなるんだ

おかしいやつが多いだろう

おいらたちは自覚している

外のやつは自覚がないんだなぁ

なんだろうね

なんだろう

どうにでもなれは

そういったやつにも発せられる

どうにでもなれ

世界がどうなろうと

おいらは知らない

どうにでもなれだ

災害がおそってくる

それでもどうにでもなれと

思うしかないんだ

深夜に地震なんかきたら

睡眠薬で起きることができないんだから

どうしようもできないんだよ

やけくそのように聞こえるかい

どうしようもできない

なるようになるんじゃないんだ

こんなようになろうなんて思わなかったもん

祭りのはやしが聞こえる

活き活きした若者が酒を飲み声を上げだんじりをひく

そして

こっちでは静かに睡眠薬を飲む

今日も一日が終わりだ

明日がどうなるかなんて知らない

どうにでもなれ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんだろうね | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。