議論 de 廃棄物

環境・廃棄物問題の個別課題から問題の深層に至るまで、新進気鋭の廃棄物コンサルタントが解説、持論を展開する。

今月の日経エコロジーはマニフェストの数量記載

2007年09月11日 05時39分56秒 | 日経エコロジー
 今月の日経エコロジーの記事は、マニフェストの数量記載の話です。数量欄が空欄ではいけませんよ、ということで、ご存知の方にはあまりにも当然の話となっております。今回の記事ではむしろ、広く誤解されていることについて、正しい方法をできるだけ多くの方に知っていただくことを目的としています。

 お詳しい方に参考になるとすれば、マニフェストの通知だけでなく、総務省の勧告からも数量記載の必要性について引用しているという点でしょうか。4tトラック一台という記載でもよいということが明記されています。

 もちろん、4tトラック1台ではなく、もう少し細かく○○立米とか、△ドラムという表記が望ましいことは、言うまでもありません。

 さて、来月は解釈論に少し踏み込んでいます。質問も多いテーマですので、乞うご期待。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風のあおりを受けて | トップ | 数量が空欄のマニフェストを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
温暖化に一人で出来ること (みどりのジュータンが待っている)
温暖化防止に関わることで今一人でできる[エコ]という考え方がありますね。 一人一人が温暖化についての意識を持った行動や生活をするということでしょう。住宅の新築やリフォームの際 エコキュートにするとか車の運転で急発進、急加速をやめ停車中はエンジンを止めるエ...