きものがたり 着物が織りなす素敵な物語  じざいや的日常

着物で過ごす日常と元町の着物屋・じざいやのご紹介。
犬猫や食べもののことなぞも織り交ぜて。

よろけ織・櫛織・波筬織 似ているようで違うもの。

2017-03-21 16:00:23 | 織のお話
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へにほんブログ村
ランキングアップにご協力を!! 今日も1ポチ!!
ポイント下がっちゃいましたので ポチお願いいたします~~
 
週末の新田さんの会では 美しい色にため息でしたけど

新田さんは 色だけでなく 織にもこだわってらして
 
例えば この絽は もう経糸を形成する職人さんが高齢で

 来年は織れないかもしれないので、とのこと。
 
そして 今回目を引いたのが よろけ織。
経糸が直線ではなく よろよろとよろけています。


経糸が半月を描くように 曲線を描いています。

これなんか まっすぐの平織が6分、よろけが4分という大変な技。
 
これは 経糸を通す筬の形が 普通と違っていて 
普通は 櫛の目のようにまっすぐですが ジグザグになっていて更に上下に動くのだとか。
うーん 頭の中で再現できないのですが
とにかく 経て糸が上下に動くと ゆるみが出来、それが曲線になって現れる、ということ。
動きを見張っていないと綺麗なよろけが出来ませんから
緊張を強いられる織であることは確かです。

よろけてはいますが 透けてはいませんので
夏ものではありません。
 
よろけによく似たもので
波筬織 や 櫛織、というものもあります。
経てではなく 横によろけが入ります。
その織については 以前こちらに書いてますので御覧ください
 
今週は 菊池洋守さんのおとっときをご紹介します。

こんなのや あんなの。明日アップしますね
 
そして 26日は 型絵染の半衿ワークショップです。

憧れの季節柄も 半衿ならお手軽にお使い頂けますね
 
季節柄以外にも お好みで猫などもあります。
 
軽食飲み物が付いて(金沢の銘酒手取川の古酒手に入りましたー)

半衿お持ち帰りの材料費込で 5000円です。

楽しいですよー ご参加ください。
 
そして毎週水曜発行のメールマガジンが 進化して独自配信になります。
 
欲しい情報をピンポイントでお届けします。
ネットでは出せない お買い得情報や セール日、メルマガ読者だけの特典もあります。
 
ぜひ ご登録ください。 ご登録はこちらから。 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日の着物美人さんたちと ... | トップ | 菊池洋守さん 吉野格子・花... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL