自由人の家庭菜園・山歩き日記

リタイアして始めた家庭菜園・山歩き初心者の日記

キュウリ2(2017年・6月)

2017年06月25日 | 家庭菜園

2017年6月6日(日)一時キュウリの種蒔きと畑の準備

 キュウリは収穫時期が短いので2回目のキュウリ栽培を行う。2回目は苗を購入しないで種

を買って種

蒔きから始める。ビニールポットに種蒔きをする。大小16個のポットに種を蒔く、大のポ

ットには4粒、小のポットには3粒の種を蒔く。次にキュウリ畑の準備をする、元肥に完熟た

い肥・有機化成8-8-8を入れて苦土石灰を施して耕す。この畑で8本のキュウリ苗を栽培する

予定である。

 

はじめて栽培するキュウリ種

 

 

小ポットに3粒

 

 

大ポットには4粒

 

 

 

小13ポットに52粒、大ポットに12粒の種を蒔く

 

 

種は深さ1㎝ほどの植穴に種を蒔き軽く抑えて置き水遣りを行う。

 

  

元肥と苦土石灰を入れて耕したキュウリ畑

 

2017年6月11日(日)キュウリ発芽と消毒

 6月6日にビニールポットに種蒔きを行ったキュウリの発芽が始まった。スミソン乳剤を使

って害虫の食害予防のための消毒も行った、スミソン乳剤を2000倍に希釈して散布する。

この後、間引き行いながら最後は1ポット1本立の苗にする。

   

発芽が始まったキュウリ苗

 

 

 

予防のための消毒も行ったキュウリ苗

2017年6月19日(月)キュウリ苗の間引き

 6月11日キュウリ苗発芽の投稿を行ったが画像に見られるように今日は本葉がほぼ出揃った

ので間引きを行う。1ポット1本立の苗にするため生育の良い苗を1本残して間引きを行った。

ウリハムシの食害が一部苗の見られたので気温が高いのどうかなと思われるが食害防止のため

ポットを被せて見る。暑さで苗に悪影響が出るようなら取り外す。

  

 1ポット1本立の苗に間引きを行ったキュウリ苗

 

 

ウリハムシの食害防止のためポットを被せて見た

2017年6月24日(土)キュウリ苗の定植

 6月6日に種蒔きを行ったキュウリ苗が本葉2~3枚ほどに生育したので準備して置いた畑に定

植を行った。ビニールポットで種から栽培したのは初めてだったが思った以上に上手く生育出

来たので中でも良い苗を8本選び株間70㎝条間90㎝にして定植を行った。

 

8本のキュウリ苗を定植した

 

 

行灯を被せたキュウリ苗

 

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラッカセイ(2017年・5月) | トップ | キュウリ(2017年・4月) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。