自由人の家庭菜園・山歩き日記

リタイアして始めた家庭菜園・山歩き初心者の日記

中玉トマト(2017年・3月)

2017年05月15日 | 家庭菜園

2017年3月11日(土)一時中玉トマト種蒔き

 トマト栽培を今回初めて種蒔きから行って見る。苗を購入して育てるのには販売している限

られた品種の中からしか苗を選ぶ事が出来ないので豊富な品種の中から栽培して見たいトマト

の種を選ぶ事が出来るので今回挑戦をして見る。まず中玉の甘い品種のレッドオーレの種蒔き

を行う画像の通り一晩種を水に浸けて置く。

 

水に浸した中玉トマトレッドオーレの種

 

2017年3月12日(日)中玉トマトレッドオーレの種蒔き

 レッドオーレに種も一晩水に浸して種蒔きを行う。1ポットに3粒21ポットに62粒の

種を蒔く。やはり中玉トマトレッドオーレもポットごと発泡スチロールに入れて水に浸す。中玉ト

マトレッドオーレのポットはカラーポットである。

 

種蒔きを行い水に浸した中玉トマトレッドオーレ

2017年4月8日(土)中玉トマトレッドオーレ発芽

 3月12日に種蒔きを行った中玉トマトレッドオーレがやっと発芽が始まった。しかも5日ほど前に保

温のためのポットを被せてから急速に発芽が始まった。トマトの発芽には温度を高め(25℃程度)

に保つことが大切なようだ。次回からは種蒔き時期を早くして種蒔き直後から保温ポットを被せる。

 

保温のためのポットを5日ほど前に被せる

 

 

 

4ポットで4個の種が発芽した

 2017年4月13日(木)中玉レッドオーレ畑の準備

 中玉レッドオーレも種蒔きした苗が生育が遅れてしまったのでやはりネットで同じ品種の中

玉レッドオーレ苗を注文したので苗の配送日に合わせて畑の準備を行った。ミニトマトと同じ

畑なので元肥、苦土石灰も同様である。4本の苗を定植する。

 

元肥と苦土石灰を入れた畑

 

 

準備したトマト畑

 

2017年4月21日(金)一時中玉トマト間引き

 発芽したトマト苗が本葉2~3枚、草丈7~10㎝ほどに生育してきたので1ポット1本苗に間

引きを行った。

 

 

 

間引きを行った中玉トマト苗

 

2017年4月24日(月)一時中玉トマト苗の薬剤散布

 中玉トマト苗も気温が高くなってきたので保温のためのポットを取り除く準備を行う。中玉

トマト苗に害虫防除の薬剤散布を行う。使用した薬剤は画像の薬剤である。やはり2000倍

に希釈して散布した。

 

 

 

薬剤散布を行った極甘ミニトマト苗

 

2017年5月4日(木)中玉トマト定植

 中玉トマト苗が定植できるまでに生育してきたので準備して置いた畑に植付をした。株間60

㎝にして畝間は55㎝ほどである。画像向かって左側4本が中玉レッドオーレである。短い仮

の支柱を立てて念のため薬剤散布も行う。

 

画像左側4本が中玉レッドオーレ

 

 

約2000倍に希釈して散布する

 

2017年5月12日(金)トマトの支柱立てと誘引

 トマト苗の生育が進み草丈が伸びてきたので支柱を立てて苗の誘引を行う。アブラムシが苗の部分に見られたので上記画像の薬剤を2000倍に希釈したものを散布した。

 

立てた支柱

 

 

誘引を行った8本のトマト苗

2017年5月15日(月)トマト畑 雨除けカバー設置

 トマトの生育に大切な水の管理の一環でビニールを使い覆いをする。トマトの発生する病気

を防いだり甘味のあるトマト作りには必須のようだ。

横幅130㎝、奥行き245㎝、高さ185㎝の覆いとする。来年は支柱の立て方を変える

。2通りの支柱を現在の上部を三角形の組むやり方を変えて2通りの支柱を垂直に立てる方法

 

にかえる。立てる支柱を固定する方法に工夫をする。支柱を固定する横の棒の両端を固定する

 

シッカリした杭を立ててその杭に横棒を固定して中間の4本の支柱を固定して立てる。

 

 

ビニール使って覆いをしたトマト畑

 

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソラマメ(2016年・10月) | トップ | ミニトマト(2017年・3月) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。