「幸福の科学」観察日記

「幸福の科学」を観察しつつ、心に浮かんだ感想などを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「幸福の科学根本教義批判」を読んで 2 (受容)

2013-01-19 | 感想 2

「幸福の科学根本教義批判」を読んで (母性愛の欠如?)

 

 

「幸福の科学根本教義批判」を読んでから、受容について考え続けています。考えれば考えるほどに、幸福の科学には、受容という要素が欠けているという確信は強くなるようです。

たとえば、幸福の科学の設立目的は、世直し、ユートピア建設といったものでしょう。換言すれば、「今の世の中は間違っている。精神革命が必要だ」ということであり、現状をそのままに受け入れない、認めないということです。

また幸福の科学は、個人に対しても、自己変革を促しています。これはよく言えば〝偽物の自分〟を脱ぎ捨てて、〝本当の自分〟を見出そうということです。しかし見方を変えれば、現在の〝ありのままの自分〟を受け入れられず、どこかにあるはずの〝理想の自分〟を追い求めるということでしょう。

その具体例を挙げるとすれば、「なんだか変だな」という素朴な疑問が心に浮かんだ時に、疑いを持つ自分を否定し、疑うことのない理想的信者であろうとすることが挙げられます。また「自分になりたい」とは思わずに、「菩薩になりたい」「阿羅漢になりたい」などと願うこともそうです。教団内に、偉大な過去世を尊ぶ風潮があるのも、「自分でありたい」ということよりも、「過去の立派な偉人賢人でありたい」という願望のためでしょう。

このように幸福の科学には、現在のありのままの自分、ありのままの他者、ありのままの社会などを否定する傾向が強いようです。もしかしたら、幸福の科学の中にいると、終始、何かに追い立てられているようで、安らぎがないのはこれが原因かもしれません。自分を見失い、友人を失い、社会的信用も失ってしまうことが少なくないのも、これがためかもしれません。

大きな理想を掲げて、それを実現するために努力するというのは、進歩、発展のためにはよいでしょう。けれども、大きな理想に向かって前進しようとするばかりでなく、現在の自分、他人、社会全体を強く否定しすぎるとしたら、これは中道を逸しています。この点、信者たちの幸福のためにも、関係者には御一考をお願いしたいものです。

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大川隆法の再婚理由!? (3) ... | トップ | 大川隆法とカオナシ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感想 2」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。