くろんライフ

ねこあたまぐりぐりしたりにくきゅうふにふにしたり...

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ移転します

2016年08月04日 | 時間・空間
以後こちらに記事をアップします。
http://jivjiv.exblog.jp/

とりあえず、Raspberry Pi ZeroでGPXロガーだけ移しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Raspberry Pi ZeroでGPXロガー

2016年07月18日 | デバイス
秋月電子の「GPS受信機キット 1PPS出力付き「みちびき」対応」[AE-GYSFDMAXB]でGPXロガー。

最初Raspberry Pi A+で作ろうと思ったのですけど、ツールBOXギリギリ入るのですがモバイルバッテリーからのコネクタを挿して収まらないのでした。
イギリスPimoroniからRaspberry Pi Zeroを輸入して、やっとツールBOXに楽に収まるようになりました。

100円ショップで小さめのツールBOXを買ってきてRaspberry Pi ZeroとGPSユニット、モバイルバッテリーを収納しています。


見えにくいですけど、ピンコネクタの端っこにタクトスイッチが付いてます。これを3秒間長押しするとRaspberry Pi Zeroがシャットダウンします。

今回は「超小型USBシリアル変換モジュール」[AE-FT234X]を使って、GPSモジュールの出力をUSBに接続しています。
この理由はシリアルコンソールをつぶしたくないためです、現状USBの無線LANアダプタを使うとリブートしてしまうのでssh接続が使えないのです。

・gpsdのインストール
# apt-get install gpsd gps-client

・/etd/defailt/gpsdの編集

USBシリアル接続の場合「/dev/ttyUSB0」、GPIOのシリアル接続の場合「/dev/ttyAMA0」
# Default settings for the gpsd init script and the hotplug wrapper.

# Start the gpsd daemon automatically at boot time
START_DAEMON="true"

# Use USB hotplugging to add new USB devices automatically to the daemon
USBAUTO="true"

# Devices gpsd should collect to at boot time.
# They need to be read/writeable, either by user gpsd or the group dialout.
DEVICES="/dev/ttyUSB0"

# Other options you want to pass to gpsd
GPSD_OPTIONS=""

編集後、gpsdをリスタートする
# systemctl restart gpsd

GPSモジュールの1PPS LEDが点滅しだした後、cgpsで出力を確認
# cgps

・gpxloggerでトラックログ記録

gpxlog.shを作成して下のように編集
#!/bin/sh

gpxlogger -d -i 30 -m 1 -f `date +%Y%m%d_%H-%M-%S`.gpx /dev/ttyUSB0

cronに起動設定
# crontab -e

一番最後に次の行を追記
@reboot ~pi/gpxlog.sh
「@reboot」を記述した行は起動時一回だけ起動される

モバイルバッテリーなどを接続してRaspberry piを起動。

/home/pi下に「20160716_09-49-33.gpx」みたいなファイル名で保存される。

shutdown ボタンとか作っておけば止めるときに便利

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大涌谷名物「黒たまご」

2016年05月02日 | 時間・空間
販売再開されたので伊豆へ一泊した帰りに、旧ロッジ富士見苑(大涌谷くろたまご館4)に寄って買ってきました(4/30)。

もっと時間かかると思ってましたけど、こんなに早くまた食べられるのは本当にうれしいですね。
たまご池からピストン輸送されるご苦労にも感謝ですね。

店内の様子


黒たまご椅子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VivoBook X202E-CT3217GのSSD換装

2016年04月19日 | デバイス
X202E-CT3217Gに入っていた500GB HDD(HTS545050A7)はこんな感じでした。

Windows7の起動も結構時間かかります。

それをcrucial BX200(CT240BX200SSD1)に換装するとこうなります。


HTS545050A7からCT240BX200SSD1へは、Acronis True Image 2014でクローンしただけです。
X202E-CT3217GにSSDをセットして電源ONであっさり起動しました、起動に掛かる時間もかなり短い。

HTS545050A7はC:とD:の二つにパーティションが分かれてましたので、D:の内容をいったんバックアップしてD:パーティションを削除。
その後ブートパーティションとC:をSSD全体にクローンしました。
そのあとバックアップしておいたD:の内容をSSDのC:に戻しました。

以前X202E-CT3317に入れたcrucial MX100(CT256MX100SSD1)はこんな感じ。


MX100より書き込みが速いですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本地震の事に関連して...

2016年04月16日 | 時間・空間
本震だと思われていた、前震となった地震の時に長野で震度1になってるのが気になります。
(諏訪湖付近、マゼンタ丸の所)

ここってフォッサマグナと中央構造線の交わる場所なので、日本列島全域で何かしら地殻に力が加わってるような気がしてなりません。

ものすごい回数の余震と大雨で難儀されているので避難している方が心配です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加