EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

<追加記事>トランプ氏弾劾の「賭け」急増、確率は一時30%に上昇 / 米議会、トランプ大統領弾劾を準備

2017-05-18 13:08:50 | 米国大統領

米議会、トランプ大統領弾劾を準備

2017年05月18日 02:48   SPUTNIK

米下院のアル・グリーン議員は17日の下院での演説で、トランプ大統領は弾劾される必要があると述べた。

 

米テキサス州選出の民主党議員エル・グリーン氏は、トランプ米大統領に対する弾劾手続きの開始を議会で発表した。

グリーン議員はツイッターで次のように意図を発表した。

 


「今日の米国議会下院で、私は米中部標準時間9時から10時(日本時間24時から25時)にかけて、大統領の弾劾を要

求する。」


グリーン氏はツイッターに「トランプ大統領は法より上ではない。彼は弾劾に該当する行為をしたため、責任を問われな

ければならない。そうしなければ一連の米国人が敬意を失うことになり、我々の社会規範が遵守されなくなってしまう」と

投稿した。


グリーン議員は、トランプ大統領が、昨年の大統領選挙中のトランプ陣営とロシアの繋がりを調査していたコミー元連邦

捜査局(FBI)長官を解任することで、司法を妨げたと指摘した。


なおMedia Research Centerの米国の社会学者たちは、テレビ局CNNがほぼ全ての放送をトランプ大統領の批判

に費やしていると指摘している。


CNNの放送時間の92%がトランプ大統領の批判に充てられており、特にトランプ大統領がロシアの利益のためにFBI

長官を解任し、ロシア外相との会談で米国の機密情報を伝達したと疑っている。


パブリック・ポリシー・ポーリング(Public Policy Polling、PPP)が16日に発表した調査によると、回答した米国の有権

者の48%が、トランプ大統領が弾劾されるべきだと考えており、初めて弾劾反対の数を超えた。


この世論調査の結果は、コミー元長官解任に対するトランプ大統領への反発と、オバマケアの恩恵を逆行させるであろ

う、下院通過済みの法案への広い反対に帰する。


プーチン大統領は、ロシアのラヴロフ外相がトランプ大統領によって「明らかにされた」秘密を、プーチン大統領とも、ロ

シアの情報機関の職員とも共有しなかったとして、ラヴロフ外相はとても悪い行動を取ったと冗談を言い、「彼を叱らな

ければならない」とジョークを飛ばした。

 

米国の歴史上、米下院で弾劾裁判にかけられた大統領は2人。双方とも、有罪判決に必要な上院の票3分の2が集ま

らずに無罪となった。1人目はアンドリュー・ジョンソン元大統領で、国防大臣を違法に解任した件で1868年に弾劾裁判

にかけられた。2人目のビル・クリントン元大統領は偽証容疑と司法手続きの妨害で1998年から1999年にかけて弾劾

裁判にかけられた。


 

トランプ氏弾劾の「賭け」急増、確率は一時30%に上昇

2017年 05月 18日 09:08 JST    REUTERS

 

[ニューヨーク 17日 ロイター] - オンライン賭けサイトで、トランプ米大統領の弾劾に賭ける取引が増えている。トラ

ンプ氏が連邦捜査局(FBI)のコミー前長官に、辞任したフリン前大統領補佐官とロシアとの関係についての捜査を中止

するよう要請していたと報じられた16日夜、賭けサイトの「プレディクトイット」では取引が急増し、弾劾の確率が過去最

高の30%を記録した。

 


17日午前には27%程度に下がったが、それでも先週8日の7%に比べると大幅に上がっている。取引高も8日の

5500件から過去最高の6万0700件に増えた。

 


プレディクトイットはワシントンの政治コンサルタント会社アリストテレスとニュージーランドのビクトリア大学が共同で運

営している。

 


一方、英ブックメーカー、ラドブロークによると、トランプ大統領弾劾の賭け金が急増したため同社はオッズを下げ、大

統領失脚の確率を約56%と見込む水準になった。

 


広報のジェシカ・ブリッジ氏は「顧客はトランプ氏があといくつの不祥事を克服できるだろう、と思案している」と述べた。



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プーチン氏 トランプ氏の“情... | トップ | 太平洋の無人島に「世界最悪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL