EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

蓮舫代表は今も「違法状態」である 。

2016-10-16 22:05:24 | 政党・政策

蓮舫代表は今も「違法状態」である

2016年10月15日 12:39  アゴラ
 

蓮舫代表は13日の記者会見で「(戸籍法)106条にのっとって手続きを進めている」と弁解した。これは「外国の国籍を有する日本人がその外国の国籍を喪失したときは、その者は、その喪失の事実を知つた日から一箇月以内に、その旨を届け出なければならない」という規定だ。喪失の事実を知ったのは今年の9月6日だから、その1ヶ月以内に届け出ればいいという論法らしい。

 

ところが金田法相はきのうの記者会見で「一般論として、日本政府は台湾を正式な政府として認めていないので、台湾当局が発行した外国国籍喪失届は受理していない」と答えた。だから彼女が戸籍法106条の外国籍離脱手続きをしても、区役所は受理しない。104条で「宣言」だけはできるので、あとは努力義務だが、蓮舫氏は104条には言及しなかったので、いまだに彼女の戸籍謄本の【国籍選択の宣言日】は空白になっていると思われる。

 

これは民進党の代表が、いまだに日本国籍も宣言していない違法状態で政治活動を行なっているという異常事態だ。今ごろこんな基本的な手続きを間違えているのは、31年間、日本国籍を選択せず、二重国籍と知りながら参議院議員に当選した証拠である。民進党執行部は国籍選択を宣言するまで彼女の国会議員としての活動をやめさせ、懲戒処分すべきだ。学歴を詐称した古賀潤一郎議員を、民主党は除名した。

 

追記:15日になって、彼女は一転して「台湾国籍の離脱届けは不受理」と認めた。9月13日の記者会見で「台湾国籍を離脱した」と言ったのは嘘だった。そして「戸籍法104条の手続きをした」。「国籍選択の宣言」をしていなかったことを認めたわけだ。つまりこの記事に書いたように、彼女は最近まで違法状態で、それを解消したかどうかもわからない。嘘をついて当選した先月15日の代表選挙は当選無効だ。

 

追記2:蓮舫氏の国籍宣言日は「今年10月7日」とテレビ朝日が報じた。これで公選法違反は確定だ。経歴詐称の「故意」も、彼女が自分で証明したようなもの。

 
これだけウソをつき続け、暖かく接してくれていた台湾を国家ではないと侮辱し、平然と党の代表となり、

国会では稲田氏に鬼の首でも取ったかのように質問する。

twitterでは「謝・蓮舫」で投稿し、私は日本人と微笑みながら言ってのける。

人格障害のように見えますが、これは蓮舫氏の中に流れている中国人(大陸)のDNAそのものではないでしょうか。
 

国籍問題でも嘘で逃げていましたが、最後に逃げ切れず「国籍選択の宣言」をしていなかったと自白しました。

民主党政権時代ファッション誌(ヴォーグ)の撮影を国会内で行いました。国会内での私的な宣伝、営利目的に当たる行為は許可されていません。

この雑誌の記事内容から違反行為として国会で問題になりました。

国会を使用するにあたり「議員活動の一環」という虚偽の理由で申請書を出したのですが、この申請の文言は事務方(国会の警務部)から示唆

されたと責任を警務部に押し付けました。最初は嘘を押し通していたのですが、最後に示唆はなかった事を認めました。

動画は、西田議員の追求から始まり、動画最後の方で自民党森議員、丸川議員の質問でウソを認めています。

「私の認識不足、勘違いで反省してます」このお決まりの言葉を何回繰り返したことでしょう。

加えて脱税や覚醒剤使用で逮捕された人物との交際も国会で追及されました。

時期選挙(2016年の参議院選)では落選するのではないかと思っていましたが、100万票以上で当選。

東京都民は蓮舫氏のどこを見ているのか疑います。

日本国への、日本国民への忠誠心が全く感じられない蓮舫氏を政治に参加させてはいけない。
 

往生際の悪い蓮舫

 
いつもお読み頂きましてありがとうございます。
 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「父が逝った」国王失ったタ... | トップ | <韓国報道>「東海表記」国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL