EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

全米オープン。ケプカが絶好調すぎて松山2位タイ。

2017-06-19 11:37:45 | スポーツ

◇海外メジャー第2戦◇全米オープン 最終日(18日)◇エリンヒルズ(ウィスコンシン州)◇7845yd(パー72)

2位からスタートしたブルックス・ケプカが6バーディ、1ボギーの「67」で回り、通算16アンダーで逆転。後続に4打差を

つけて、メジャー初優勝を飾った。通算12アンダーの2位タイに松山英樹、ブライアン・ハーマンが入った。


松山の2位タイは海外メジャーの自己ベスト。それまでは2016年「全米プロ」の4位タイが最高だった。


ケプカは前半アウトに3つ伸ばし、首位に立ってハーフターン。10番で唯一のボギーをたたき、一時は猛追する松山に

1打差に詰め寄られたが、サンデーバックナインの中盤から再加速。14番(パー5)からの3連続バーディで後続を突き

放した。

海外4大メジャーでの初優勝者の誕生は、ジェイソン・デイが制した15年「全米プロ」から7大会連続となった。


優勝候補の中で一番最初にホールアウト。この時点で松山12アンダー、ケプカ13アンダー。松山優勝するかもしれないと思っていました。

他の選手がコケルことを願っていましたが、ケプカは好調で16アンダーまでスコアを伸ばし優勝。

松山は一時3位に落ちましたが、ハーマンが最終ホールでミスったので2位タイで終了。頑張りましたね。青木も丸山も絶賛してました。

18番ホール:12アンダーでホールアウト。

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <台湾情報17-14>「パナマ断... | トップ | ロンドン北部のモスク前で車... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL