EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

習近平主席が米国務長官と会談

2017-03-20 12:30:10 | 米中関係

習近平主席が米国務長官と会談

2017年3月20日      人民網

習近平国家主席は19日、米国のティラーソン国務長官と人民大会堂で会談した。人民日報が伝えた。


習主席は「現在、中米関係の発展は重要なチャンスを迎えている。私とトランプ大統領は電話や書簡で良好な意思疎通を保ってい

る。われわれはともに、中米両国は良い協力パートナーになることが完全にできると考えている。双方がこの最大公約数を堅持しさ

えすれば、中米関係は正しい方向へと発展する。双方が私とトランプ大統領の共通認識と精神に照らして、ハイレベル及び各レベル

の交流を強化し、二国間、地域、グローバルレベルで各分野の協力を開拓し発展させ、敏感な問題を適切に管理・コントロールし、

新たな出発点において健全に安定して前向きに発展するよう中米関係を推進することを希望する」と指摘。


「中米関係は両国にとっても、世界にとっても重要だ。双方は歴史と後の世代に責任を負う精神で中米関係の発展の方向性をしっか

りと把握する必要がある。戦略面の相互信頼を強化し、相互認識を深める必要がある。中米は共通利益が溝を遥かに上回り、協力

が双方の唯一の正しい選択だ。長期的、戦略的観点から中米関係を扱い、協力分野を拡大し、互恵・ウィンウィンを実現する必要が

ある。地域の焦点となる問題で意思疎通と調整を強化する必要がある。互いの核心的利益と重大な懸念を尊重し、中米関係の大局

の安定を維持する必要がある。両国民の友好的往来を奨励、拡大し、中米関係を支える社会的基礎を固め続ける必要がある」と強

調した。


ティラーソン国務長官はトランプ大統領からの挨拶の言葉を伝えたうえで「トランプ大統領は習主席との電話会談を非常に重視してお

り、早期に首脳会談を行うとともに、中国を訪問する機会を得て、米中関係の今後50年間の発展の方向性を定めることを期待して

いる。米側は非衝突・非対立、相互尊重、協力・ウィンウィンの精神に基づき対中関係を発展させ、相互理解を強化し続け、調整・協

力を強化し、国際社会の直面する試練に共同対応することを望んでいる」と表明した。

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【韓国報道】 耳を疑うような... | トップ | 安倍首相、欧州4カ国へ出発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL