EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

<続報>日本郵政、豪物流子会社不振で約4000億円の減損損失計上

2017-04-25 18:37:53 | 日本経済

日本郵政、豪物流子会社不振で約4000億円の減損損失計上

2017年 04月 25日 17:10 JST  REUTERS

都内で会見する長門社長。1月撮影

[東京 25日 ロイター] - 日本郵政(6178.T)は25日、豪物流子会社のトール・ホールディングスの不振から同事業

にかかるのれんなど約4000億円を減損損失として計上すると発表した。


減損計上の結果、2017年3月期の通期連結最終損益の予想を従来の3200億円の純利益から、400億円の赤字に

引き下げた。


日本郵政はトールを2015年に約6200億円で買収。西室泰三社長(当時)は、同社を日本郵政グループの海外展開へ

の足掛かりとする考えを示していたが、資源価格の下落や中国・豪州経済の減速を受け業績が低迷していた。


日本郵政が同時に発表したトールの経営改善策では、今年すでに実施した300人超の人員削減に加え、追加で1700

人超の正規職員の削減を盛り込んだ。

4/21 日本郵政、損失数千億円か…子会社の業績悪化


ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6か月以内に2000万人が飢餓で... | トップ |  北朝鮮が過去最大規模の砲撃... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL