EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

<韓国報道>韓日電話会談、慰安婦問題で「日本が先制」との見方も

2017-05-12 03:22:16 | 日韓関係

韓日電話会談、慰安婦問題で「日本が先制」との見方も

文大統領と安倍首相、慰安婦合意めぐり電話会談で神経戦

 2017/05/11 23:15   朝鮮日報

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領と日本の安倍晋三首相が11日、初の電話会談を行ったが、歴史問題に関する認識の

違いが鮮明になり、今後の韓日関係の多難な先行きを暗示させた。文大統領が大統領選挙期間に公約に掲げていた

「韓日慰安婦合意の再交渉」問題について、日本側が先に「再交渉は不可能」とくぎを刺したとの分析も出ている。


■「韓日関係の基盤」めぐり衝突

 文大統領は11日午後2時35分から25分にわたり、安倍首相と電話で会談した。韓国大統領府(青瓦台)の尹永燦

(ユン・ヨンチャン)広報首席は「文大統領の就任を祝う意味で安倍首相から電話をかけてきた」として「はっきり申し上げ

たいのは、歴史問題が両国関係の未来志向的発展の足かせになってはならないということ」と述べた。尹首席は「(韓

日)両国関係の発展、韓米日関係の問題について、基本的に未来志向的に発展していくべきという点について両首脳と

も確認した」とも伝えた。文大統領は「(歴史)問題は問題として両国が賢明に克服できるよう共に努力しながら、それと

は別に北朝鮮の核・ミサイルへの対応や両国の未来志向的発展に向けた努力を並行していく必要があると考える」と述

べたという。

 しかし文大統領と安倍首相はその直後、「未来の韓日関係の基盤」について、明らかな見解の違いを見せた。文大統

領は「両国が成熟した関係に進む上で、歴史などさまざまな懸案が障害にならないよう歴史を直視し、そのような課題に

真摯(しんし)に取り組んでいかねばならない」と強調したという。今後、韓日関係を進展させるためには「歴史問題の整

理」が先だ、という意味にも解釈される。


 これに対し安倍首相は即座に、慰安婦問題をめぐる韓日合意に言及し「未来志向的な韓日関係構築のための基盤と

して、着実に履行することを期待する」と述べた。文大統領が公約に掲げた「慰安婦合意の再交渉」の可能性を否定し、

「合意履行」を「韓日関係の基盤」だと明言したのだ。文大統領はこれに対し「韓国国民の大多数が、慰安婦合意を受け

入れられないという気持ちでいるのが現実」と応じた。文大統領はさらに「民間の部分で発生した問題について、政府が

解決することには限界があるため、時間が必要だ」として「(慰安婦合意を受け入れられない)そのような国民の感情と

現実を認めつつ、共に努力しよう」と訴えた。「慰安婦合意の再交渉」という表現や「少女像」問題についての直接の言

及はなかったと青瓦台は説明しているが、両首脳が韓日関係のスタート地点をめぐって正面衝突したようなものだ。


■日本の与党「200年たっても履行せよ」

 朴槿恵(パク・クンヘ)政権でも、政権初期に歴史問題で韓日両国の首脳の感情が行き違ったことが、その後の韓日関

係の足かせとなった。13年に朴大統領就任を祝うために使節として来韓した麻生太郎副総理兼財務相(当時)は、朴大

統領の前で、第二次世界大戦の戦犯らが合祀されている靖国神社について「米国のアーリントン墓地と何ら変わらな

い」などと一方的に主張した。これに激高した朴大統領は「歴史問題での進展がなければ韓日首脳会談は行わない」と

述べ、韓日関係は長期にわたって冷え込んだ。過度にこじれた韓日関係をめぐり、米国が改善を求めて圧力をかけたた

め、この圧力に負けて慰安婦問題が合意に至ったとの見方もある。


 それでも安倍首相が初めての電話会談でいきなり慰安婦合意の履行を求めてきたのは、韓国で「再交渉論」が本格化

する前に機先を制する狙いがあったとの分析が出ている。日本メディアによると、この日開催された与党・自民党の外

交部会では、慰安婦合意の再交渉について「あり得ない」との強硬発言が相次いだ。山田宏・参議院議員は「(韓国側

は)再交渉とかばかなことを言っているが、そんなことはあり得ない。100年たっても200年たっても『履行せよ』の一点で

臨むべきだ」と主張したという。また、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長も出席し「再交渉することはあり得ない」と述

べた。


 日本側が再交渉に応じない場合、韓国政府が一方的に「合意の破棄」を宣言する可能性もある。しかし、この場合は

韓日関係の崩壊という痛手を負うだけでなく「国家間の約束を破棄したことに伴う信頼低下」を覚悟しなければならない

だろう。韓神大のハ・ジョンムン教授は「文大統領が遊説先でずっと主張してきた再交渉問題について、日本が先にくぎ

を刺してきたため、韓国側も対応せざるを得なくなった。思ったより問題が早く訪れた」と指摘した。

日韓電話協議 政府発表



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナチスを支持するドイツ軍兵... | トップ | フランス大統領選にロシアが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日韓関係」カテゴリの最新記事