EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

中国の「一帯一路」構想、国内の反発招く恐れ

2017-05-18 23:10:52 | 中国

中国の「一帯一路」構想、国内の反発招く恐れ

2017年 05月 18日 08:15 JST   REUTERS

[ワシントン 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 「一帯一路」の名の下で中国が世界的に推進するソフト・パ

ワーの大攻勢は、同国が15世紀に経験したような、国内からの反発を招く可能性がある。


当時、中国明代の武将・鄭和(ていわ)は、宝船の艦隊を率いて、遠く東アフリカにまで及ぶ大航海を行ったが、大失

敗に終わった。巨額の費用に悩んだ官僚たちが、艦隊を解体し、さらに航海を禁止したのだ。


それから6世紀を経た現在、習近平国家主席は、約1兆ドル(約112兆円)をかけて、アジアと欧州、アフリカとを繋ぐ

インフラと貿易の経済圏を作り出す野心的な計画を打ち出した。15日閉幕した北京での国際会議で、習主席は、新

たに1240億ドルの拠出を約束した。


習主席が掲げる「新シルクロード」構想の明文化された目標は、地域の通商活性化だ。これは、貿易推進ではなく、

行く先々で地元民に高価な贈り物をして中国文明の優位性を印象づけることが狙いだった15世紀の大航海と比べれ

ば、上等な出発点だ。


だが今回も、政府高官たちは、国外からの参加者が「新シルクロード」構想にいかに強い感銘を受けたかを記録する

のに必死だった印象がある。同構想について、「調和のなか共存する大家族」などという、曖昧だが救世主的な表現

で説明することにも熱心だった。


だが市井の人々には、あまり恩恵がない。インフラ投資のほとんどが国有企業を通じて行われる見通しで、国民の大

半を雇用する民間セクターが得る恩恵は限定的だ。


融資のほとんども、国有銀行が実行する。650億ドルに上る中国のベネズエラ向け債権のように、問題を抱えた政

権に対する不良債権リスクを、中国の納税者も負うことになる。中国がすでに巨額の企業債務負担を抱えていること

を踏まえると、このことは不安の種となる。


中国は現在も途上国であり、7000万人の国民を2020年までに貧困ラインから脱出させる目標を掲げている。医療

制度や教育制度の問題を改善し、空気と水の清浄化を進めるには、さらに多くの財源が必要になる。

中国「一帯一路」、大盤振る舞いできぬ現実 習主席の肝いり計画、国内経済が足を引っ張る


ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベネズエラ、第2のシリアにな... | トップ |  日本のEEZ内で同意得ずに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL