EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

「北朝鮮抑制」のため、米国は同盟国を核武装する可能性。/中国 北朝鮮めぐる6カ国協議再開を呼びかけ

2017-03-19 15:57:24 | 米国対外関係

「北朝鮮抑制」のため、米国は同盟国を核武装する可能性

 2017年03月18日 00:09   SPUTNIK

ティラーソン米国務長官は、北朝鮮封じ込めのために核武装を含む東アジアの同盟国の今後の軍備増強、との可能性を除外しないと発言。フォックスニュースが17日に報じた。

同テレビ記者の、ティラーソン氏が朝鮮半島の同盟国の核武装という可能性を除外できるかとの質問に対し、ティラーソン氏は、「何も除外されない」と答えた。

先にティラーソン氏はソウルで開かれた記者会見で、北朝鮮にとって非核化は安全保障と経済的発見を達成するための唯一の方法だと述べていた。その上でティラーソン氏は、米国政府は韓国とそこに駐留している米軍が脅かされる場合、北朝鮮に対する軍事行動の可能性を除外しないと付け加えた。


中国 北朝鮮めぐる6カ国協議再開を呼びかけ

2017年03月19日 12:05   SPUTNIK

中国の王外相はティラーソン米国務長官との会談で、北朝鮮を交えた6カ国協議を再開することを呼びかけ、朝鮮半島の問題の本質は米国と北朝鮮の意見の相違にあると強調した。

王外相は、「国連の北朝鮮をめぐる全ての決議はどんどんと厳しい制裁を含んでいたのに関わらず、それらは半島での情勢を抑制し、安定を保障するための6カ国協議再開のための条件を作ることもまた、はっきりと呼びかけていた。これは制裁を実施するのと同時に、協議を再開するという全諸国の義務だ」と述べた。

王外相はまた、朝鮮半島の核問題の本質は、北朝鮮と米国の意見の相違にあり、中国は問題解決の捜索と米朝関の対話のための条件を保障するために「大きな貢献」をしたと強調した。

 

先に、ティラーソン米国務長官は、北朝鮮封じ込めのために核武装を含む東アジアの同盟国の今後の軍備増強、との可能性を除外しないと発言。

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« G20声明に「反保護主義」... | トップ | 南シナ海問題、「中国を止め... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL