EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

【韓国報道】 耳を疑うような発言。いつもそうだけど。「日本との通貨スワップ、韓国は先に手を差し出さない。日本が変わらなければ交渉開始はない」

2017-03-20 09:53:17 | 韓国経済

【韓国報道】 「日本との通貨スワップ、韓国は先に手を差し出さない。日本が変わらなければ交渉開始はない」

 2017-03-19 06:00       e-today

「G20財務長官・中央銀行総裁会」参加のため、ドイツ・バーデンバーデンを訪問中のユ・イルホ副総理兼企画財政部長官は17日(現地時間)、通貨スワップ交渉を一方的に中断した日本側に先に手を差し出さないという立場を示した。


この日、ユ副総理は現地で記者らと会って「韓日通貨スワップは昨年、交渉開始してだいぶ進展したが、他の理由で止まっている」として「キー(Key)を握っているのは日本なので、私たちが先に提案することはないだろう」と強調した。


彼は「日本は本当に異なる問題だ。日本側がこれ以上、通貨スワップ交渉を進めないとすっぱり切ってしまった状況」とし、「私たちが首をくくる話ではないと対応するしかなく、そのような面から通貨スワップの話をしようにもできない」と話した。


特にユ副総理は日本側が釜山(プサン)総領事館少女像設置を口実に通貨スワップ交渉を中断したことについても不快感を示した。


彼は「個人的に見れば通貨スワップがあれば良く、マイナス通帳があるかないかで、我が国の信用度が悪くて通貨スワップ交渉を中断するのなら理解できるが、他の理由で交渉をすぱっと切ってしまった」として「日本が立場を変えなければ、韓日通貨スワップ交渉開始はないだろう」とし、断固たる立場を堅持した。


その一方で日本側が態度の変化を見せて再協議を要求すれば応じる可能性は開いておいた。ユ副総理は「私たちの立場では、またその段階(再協議)で完結させるということに反対する理由はない」として「しかし、すべてのキーは日本が持っている」として私たちの政府が提案する可能性を一蹴した。


先に日本政府は今年1月6日、釜山総領事館前少女像撤去を要求し、日韓通貨スワップ議論の中断を韓国政府に一方的に通告した。

 

両国間の通貨スワップは2001年7月20億ドルをはじめと2011年10月には700億ドルに増えた。しかし、2012年8月、李明博大統領の独島訪問した後、両国の関係が悪化し、韓日通貨スワップも危機を迎えた。

 

2012年10月満期が到来した570億ドルの通貨スワップが終了されたし、2013年7月には30億ドルが終了した。ついに2015年2月、100億ドル規模のスワップまで満期終了し、14年間続いていた通貨スワップは全て終わった。

 

そんな中、昨年8月27日、ユイルホ副首相兼企画財政部長官が政府ソウル庁舎で開かれた第7回日韓財務相会議で麻生太郎)日本副首相兼財務相に両国間の通貨スワップを協定の交渉が再開された。しかし、日本が再び少女像設置を理由に交渉中断を宣言し、昨年8月末以降再開された両国間の通貨スワップ交渉は今まで停止している状態だ。


日韓基本条約を守れない。日韓漁業協定を守れない。慰安婦日韓合意を守れない。=国家としての信用度全くない。

これが理解できないってことが理解できない。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国務長官「日本は同盟、韓... | トップ | 習近平主席が米国務長官と会談 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL