EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

<韓国報道>安倍首相の真榊奉納と国会議員の靖国参拝 「深い憂慮」=韓国

2016-10-18 17:42:34 | 国会

安倍首相の真榊奉納と国会議員の靖国参拝 「深い憂慮」=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部は18日、A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社の秋季例大祭に合わせ、安倍晋三首相が供え物「真榊(まさかき)」を奉納し、国会議員らが集団で参拝したことについて、「日本の政府と議会の政治指導者らが過去の日本の侵略戦争を美化する靖国神社にまた供え物を奉納し、参拝を繰り返した」として、「深い憂慮と失望を禁じ得ない」とする報道官論評を発表した。

 論評は「日本の政治家らが正しい歴史認識の土台の上で、歴史に対する謙虚な省察や真摯(しんし)な反省を行動で見せ、周辺国と国際社会の信頼を得て未来に向かって進むことを促す」とした。

 ただ、安倍首相を名指しせず、安倍首相が真榊を奉納した1日後に論評を出した。

 安倍首相は17日、「内閣総理大臣」の名で真榊を奉納した。超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は18日、靖国神社を集団参拝した。

いつもの事ですが韓国内の報道機関の記事は多いです。

靖国神社には韓国・朝鮮人の戦犯、兵士も祀られています。

いつもお読み頂きましてありがとうございます。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の核武装を可能にするの... | トップ | 世界の都市総合力ランキング... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL