EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

中東・アフリカ発の米直行便、電子機器の機内持ち込みを禁止

2017-03-21 18:03:03 | IT関連

中東・アフリカ発の米直行便、電子機器の機内持ち込みを禁止

2017.03.21 Tue posted at 11:32 JST      CNN

シアトル(CNNMoney) 米政府は中東やアフリカの特定国から米国へ向かう直行便の乗客に対し、電子機器を機内に持ち込まずに預け荷物に入れることを義務付ける方針だ。複数の当局者が21日までに明らかにした。


当局者によると、米国行きの便を運航している一部の航空会社を対象に、携帯電話よりも大きい電子機器の機内持ち込みを禁止する。


航空当局者はCNNに対し、特定の国から米国への直行便に搭乗する乗客の保安検査に関連して、安全保障上の懸念があると語った。


便を乗り換えて米国に入国する場合は、経由地で信頼性の高い保安検査を受けることから、米国に危険が及ぶ事態は回避できるとして、禁止対象から除外する。


この措置について国土安全保障省は「ノーコメント」だった。国務省当局者によれば、対象国の大使館や航空会社には通知済みだという。


電子機器を持ち込み禁止としたのは、国際テロ組織アルカイダ系の「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」の動向を監視している情報当局が、イエメンで米特殊部隊が行った作戦を通じて入手した情報をもとに、危険性が高いと判断したためだという。


AQAPは民間機を標的として、金属をほとんどあるいはまったく使わない爆弾を開発しようとしてきた。


ロイヤル・ヨルダン航空は20日のツイッターで、「米国行きと米国発の便では、乗客が電子機器を機内に持ち込むことが禁止される」と発表。21日からは、ノートパソコン、タブレット、DVDプレーヤー、電子ゲームは預け荷物の中に入れることを義務付け、機内への持ち込みは電話と医療機器のみ許可するとした。理由については「米当局の懸念」を根拠としているが、それ以上の説明は行っていない。


ロイヤル・ヨルダン航空以外に禁止措置の対象となる航空会社や国は明らかになっていない。ただし米国の航空会社は、対象国から米国への直行便を運航していないことから影響を受けない。

米政府の方針を受け、ロイヤル・ヨルダン航空は電子機器の機内持ち込み禁止を発表


『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラジル食肉不正、中国やEU... | トップ | <中国報道>日本の右翼勢力... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL