EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

日本にも出店して欲しい。ロンドンに完全菜食主義者バーガー襲来、NY発バイ・クロエが出店へ

2017-08-09 16:10:51 | 食べ物・食の安全

ロンドンに完全菜食主義者バーガー襲来、NY発バイ・クロエが出店へ

2017年8月3日 15:00 JST     Bloomberg
 

 ロンドンを間もなく、健康志向のビーガン(完全菜食主義者)バーガーが席巻しそうだ。

 ニューヨークのグリニッジビレッジに旗艦店を構え、行列ができるほどの人気を博すビーガンカフェチェーン「by CHLOE.

(バイ・クロエ)」が海外展開の1号店として、この秋ロンドンのコベントガーデンに出店する。

バイ・クロエはロンドンで店舗を増やすだけでなく、欧州大陸や中東にも店舗網を広げる計画で、海外展開に1300万ドル

(約14億4000万円)を投資している。

 

 バイ・クロエは2015年7月に1号店をオープンし、一大ブームを巻き起こした。人気はワカモレバーガー。黒豆とキヌアのパテに、

伝統的なトッピングのレタスとトマト、タマネギ、それにコーンとアボカドディップを挟んだバーガーだ。サラダのケールシーザーも人気。

 現在はニューヨークとボストン、ロサンゼルスに計7店を構えるクロエは、店舗網拡大とともに着実に顧客層を広げてきた。

2015年は月平均の顧客数は2万2000人だったが、17年は11万人に上った。同社は月間売上高が約50万ドルに達すると予想。

1号店オープン以来、合計で61万2659個のビーガンバーガーを販売したとしており、1日当たり840個近く売れた計算になる。

 

  ロンドンでのメニューは野菜をベースにしたバーガー、サラダ、サンドイッチ、フレッシュパスタ、ジュース、乳製品不使用のアイスク

リームなどを予定。共同創業者のサマンサ・ワッサー氏はボストン店の「ロブスターロール」のような、英国を象徴するようなメニューを

依然考えているという。

ロンドンではジュースやスムージーも提供

 

ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ氏、北朝鮮をけん制... | トップ | <中国四川省地震 2>九寨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食べ物・食の安全」カテゴリの最新記事