2017年1月に米国大統領に就任したドナルド・トランプ氏は、就任以来、中東・アフリカ7カ国出身者のビザ発給を90日間凍結して

物議を醸し、先日は、豪首相を怒鳴りつけたうえ電話会談を一方的に終わらせ、メディアを賑わせていた。


そんななか、米人気過激アニメ『サウスパーク』のクリエイターが、「もうドナルド・トランプには追いつけない!」とお手上げ状態となり、

「トランプ関連のエピソードは作らない」と宣言したのである!


・『サウスパーク』ですらトランプ大統領にはお手上げ!

米過激アニメ『サウスパーク』は、時事ネタを痛烈な風刺とパロディで描き人気を博している作品で、今までにマイケル・ジャクソンなど

の超有名スターが餌食となっている。


そして、格好のネタとばかりに本シリーズは、トランプ氏ソックリな小学校教師ギャリソンを登場させ、ヒラリー・クリントン氏に対抗して

大統領選に出馬するエピソードを製作。しかし、ヒラリー氏が当選するものと思い込んでいた製作側は、それを念頭にストーリーを

展開していたのにフタを開けたらトランプ氏が当選! 急遽番組の内容を変更する事態に追われてしまったのである。