EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

<台湾情報17-3>台米関係の重要性。訪台へので感謝 蔡英文総統、9カ国語で日本語も。ランタンフェスティバル

2017-02-11 20:10:13 | 台湾

トランプ・習電話会談、台米関係の重要性を指摘=総統府

 2017/02/10 19:18  フォーカス台湾

(台北 10日 中央社)トランプ米大統領が米東部時間9日、中国大陸の習近平氏と就任後初めて電話会談した。これについて、総統府の黄重諺報道官は10日、予想外の事態が起きないよう、米側と緊密に連絡と意思疎通をしていると述べた。

また、持続的で良好な台米関係や安定した東アジア情勢が、米国の国益確保に極めて重要だとの認識を示し、引き続き両国の協力を強化すると強調した。

トランプ氏は大統領就任前の昨年12月、蔡英文総統と異例の電話会談を行った。その後、「一つの中国」政策を堅持してきた米政府の立場に疑問を呈していたが、習氏との電話会談では同政策の維持を表明した。


蔡英文総統、9カ国語で感謝の言葉 日本語も=訪台客数過去最高

2017/02/09 11:59  フォーカス台湾


(台北 9日 中央社)行政院主計総処が2日発表した交通部觀光局の統計によると、2016年の訪台客数は1069万人に上り、過去最高を記録した。蔡英文総統は9日、短文投稿サイト「ツイッター」上に9カ国語を用いて感謝の言葉をつづった。その中には「ありがとうございました!」と日本語も登場している。


蔡総統はまず、英語で「2016年にはこれまでより多くの人が台湾を訪れてくれました」と喜びを示し、続いて、英語、中国語簡体字、日本語、韓国語、タイ語、インドネシア語、タガログ語、ベトナム語、ヒンディー語で感謝を表現している。


主計総処の発表によれば、訪台客数は2015年に比べ2.4%成長した。地域別では、中国大陸が351万人(32.9%)と最高。日本は190万人で17.7%を占め、前年比16.5%増加した。


また、2015年11月からインドネシア、インド、ベトナム、フィリピン、タイを対象に団体客の観光ビザ手続き簡略化を実施したのを受け、2016年は東南アジアからの旅行者が大幅に増加。タイからの旅行者数が57.3%伸びたほか、ベトナム34.3%、フィリピン23.9%など軒並み成長した。


台湾ランタンフェスティバル


2017年は2/11~2/19 (毎年旧暦に合わせるので変わります) 幹線雲林駅そばなど(毎年変わります)で開催されます。














『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <韓国報道>トランプ大統領に... | トップ | 中国軍機と米軍機が南シナ海... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

台湾」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL