EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

シリアの首都ダマスカス連続2度の爆発。裁判所で自爆テロ 少なくとも31人死亡。2回目ダマスカス北西部のアル・ラブワ

2017-03-15 22:55:30 | テロ

シリアの首都ダマスカスの裁判所で自爆テロ 少なくとも31人死亡

2017年03月15日 22:16  SPUTNIK

シリアの首都ダマスカスの裁判所で大きな爆発があり、数十人が死亡したほか、けが人も出ている。シリア司法相の補佐官が「スプートニク」に伝えた。

なおこのような形で死傷者が出ているとの情報は確認されたが、その数は不明。 シリアのSANA通信は、ダマスカス警察関係者の情報を引用し、少なくとも31人が死亡したと伝えた。消息筋はSANA通信

「最初の情報によると、裁判所の建物でテロによる爆発があり、31人が死亡したほか、けが人も大勢いる」と伝えた。


ダマスカスで再び爆発

 2017年03月15日 22:42  SPUTNIK

15日、シリアの首都ダマスカスで同日2度目の爆発があった。SANA通信が報じた。

SANA通信によると、爆発があったのはダマスカス北西部のアル・ラブワ。

1度目の爆発は、ダマスカスの裁判所で起こり、最新情報によると、31人が死亡、60人が負傷した。

シリアでは6年前の2011年3月15日に騒乱が始まった。シリアで様々な武装グループに属する暴徒集団が、シリア政府軍に抵抗している。国連のデータによれば、内戦期間中に、50万人以上の人々が亡くなった。

ロシア航空宇宙軍は、昨年9月30日から、テロリストらの陣地に対するピンポイント攻撃を開始した。パイロット達は、テロ集団にかなりの損失を与え、彼らの補給線を絶った。そして3月15日、プーチン大統領は、主要な任務は遂行されたとして、主な部隊のシリアからの引き揚げを指示した。

なおシリア国内では2016年2月27日から、停戦体制が機能している。これについての合意は、ロシア及び米国仲介のもと、政府軍と在野勢力との間で結ばれた。ただ、国連安全保障理事会によりテログループと認定された「ダーイッシュ(IS、イスラム国))などのグループは、休戦の対象とはならない。

『中東』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経済のグローバル化離れの傾... | トップ |  トルコ大統領が虐殺の「原因... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テロ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL