EMERALD WEB ≪拝啓 福沢諭吉さま≫

政治・経済・生活・商品情報などさまざまな話題で情報を発信してます。

米下院、北朝鮮「テロ支援国家再指定」の法案可決

2017-04-05 12:06:21 | 米国対外関係

米下院、北朝鮮「テロ支援国家再指定」の法案可決

April. 05, 2017 08:33   東亜日報

米国が、6、7日の米中首脳会談を控え、北朝鮮の核問題解決に向けた全方向の対中圧迫に出た。米下院は3日(現地時間)の本会

議で、北朝鮮をテロ支援国家に9年ぶりに再指定する法案と北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)と中国の高高度防衛ミサイル

(THAAD)配備報復措置を非難する決議を圧倒的な票差で可決した。下院外交員会のロイス委員長は、法案の可決を受け、「北朝鮮

の核の野心を阻止する意味ある措置になるだろう」と述べた。過去最強レベルの「北朝鮮に対する遮断および制裁の現代化法」は、下

院外交委を通過して本会議への上程を待っている。


ワシントンの外交関係者の間では、実質的に北朝鮮を圧迫するにはトランプ大統領が北朝鮮と取り引きする中国銀行に対する制裁を

検討すべきだという意見が噴出している。「民主主義防衛財団」のルッジェーロ研究員は同日、CNNとのインタビューで、「トランプ大統

領は、北朝鮮と密かに取り引きする中国銀行や企業を米財務省に調査させ、罰金を課さなければならない」と強調した。米国側の6者

協議首席代表であるジョセフ・ユン北朝鮮政策特別代表は4日、ロシアを訪れ、北朝鮮の核とミサイル問題の解決策について話し合う

と、国務省が3日、明らかにした。


一方、ニューヨーク連邦準備銀行に開設されたバングラデシュ中央銀行口座に対するハッキングが北朝鮮と関係あるという証拠をロシ

アのサイバーセキュリティ会社が発見したと主張し、論議が予想される。CNNによると、ロシアのセキュリティ会社「カスペルスキー」は3

日、カリブ海の島、セント・マーチン島で行われたカンファレンスで、口座をハッキングしたと推定されるハッキング集団「ラザルス」

(Lazarus)が北朝鮮のコンピュータと関係があると発表した。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シリアの化学兵器は「サリン... | トップ | 韓国不法占拠の竹島、主要2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

米国対外関係」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL