j-aizu 労働速報!

労働(組合)関係の新聞記事等を投稿していきますので、コメントをお寄せ下さい!!

メーデー:低迷の県経済に拳 24労組などから2000人--連合高知 /高知

2012-04-30 23:12:25 | Weblog
 連合高知の第83回メーデー県中央大会が29日、高知市丸ノ内1の城西公園であり、24労組と関係10団体から約2000人(主催者発表)が参加した。会場にはキッズコーナーが設けられ、親子連れが多く見られた。
 県内の3月有効求人倍率は0・64の高水準となったものの、県内経済は全般的に低迷が続いている。間嶋祐一会長は「昨年の大震災、長引く日本経済の低成長の中で、もう一度労働運動の重要性についてそれぞれの職場で掘り下げてほしい」と訴えた。
 来賓の尾崎正直知事、岡崎誠也高知市長、広田一・参院議員(民主)らのあいさつに続き、組合員らは最低賃金のアップや非正規労働者の待遇改善などを求め、「団結、頑張ろう」と力強く拳を突き上げて気勢をあげ、中央公園までデモ行進した。【最上和喜】

(毎日新聞 2012年04月30日 地方版)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メーデー集会:第1原発設計の元技術者が講演 あす郡山で /福島

2012-04-30 23:11:04 | Weblog
 東京電力福島第1原発などの設計に携わった渡辺敦雄・沼津工業高専特任教授を講師に迎える「第83回メーデー集会」(実行委員会主催)が5月1日、郡山市虎丸町の市労働福祉会館で開かれる。
 渡辺氏は重電大手「東芝」の元技術者で、71年の入社後、福島第1原発3、5号機などの設計に携わった。原発を含む現代科学技術のあり方や適正なエネルギー消費社会実現に向けた調査研究などを目的とするNPO法人「APAST」事務局長を務める。
 講演は「福島原発は今、どうなっているのか」と題して話す。また、県内の労組や原発事故についての刑事責任追及の準備を進める「福島原発告訴団」、市民団体の代表らが活動報告を行う。午後6時開会、入場無料。問い合わせは、実行委事務局024・932・2144。【太田穣】

(毎日新聞 2012年04月30日 地方版)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県内就職内定率 前年上回る(沖縄)

2012-04-30 23:09:24 | Weblog
 2012年3月末現在の高校、短大、大学、専修学校などの新規学卒者の就職内定率が、いずれも前年同月を上回ったことが沖縄労働局(川口秀人局長)のまとめで分かった。ホテルや飲食サービス業を中心に県内の求人数が増えたことなどが背景にあり、もともと求人が多い福祉医療関係への内定も目立った。一方で川口局長は「昨年より改善したとはいえ、全国最低水準であることに変わりはない」と強調し、新卒者の就職支援を展開するハローワークなどの積極的な活用を呼び掛けた。

 26日に那覇市内であった労働基準監督署長・公共職業安定所長合同会議で、公表された。

 内定者は高卒が1511人で内定率84・9%(前年同月比2・4ポイント増)、短大卒が332人で86・0%(同0・1ポイント増)、大卒が1690人で65・9%(同6・1ポイント増)、専修学校など卒が2862人で85・6%(同1・9ポイント増)だった。

 高卒者で見ると、東日本大震災や円高の影響で県外の求人が前年同月比12・3%減少した中、県内求人は同5・5%増加した。同局は未内定者の相談に乗ったり、求人を開拓したりするジョブサポーターを増員し、きめ細かい支援に取り組んだ成果をアピールした。

 内定率が上昇した一方、求職者数は高卒、短大卒、大卒で前年同月に比べ3・3%、2・8%、6・1%それぞれ減少した。同局は求職者にカウントされない縁故採用の多さや、就職活動をせずアルバイトなどの非正規採用を選ぶケース、公務員試験を目指して就職浪人する大学生らの存在を指摘。複数の企業から入社内定をもらうような意欲のある学生と、就職に無頓着な学生の「2極化」を課題に挙げた。

(2012年4月30日 09時49分 沖縄タイムス)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜行バス大破 7人死亡 群馬・関越道 居眠りし側壁衝突

2012-04-30 23:08:17 | Weblog
 二十九日午前四時四十分ごろ、群馬県藤岡市岡之郷の関越自動車道上り線で、金沢市内発、東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)行きの大型観光バスが道路左側の防音壁に衝突した。乗客四十五人のうち男性一人、女性六人の計七人が死亡、三人が重体、十一人が重傷、二十四人が軽傷を負った。運行していた貸し切りバス会社「陸援隊」(千葉県印西市)の河野化山(かざん)運転手(43)=千葉市中央区新宿=も重傷。 
 警察庁によると、高速道路での単独事故死者数としては過去最多。
 県警によると、河野運転手は「居眠りしてしまった」と話しており、県警は同日、自動車運転過失致死傷容疑で河野運転手の逮捕状を請求。退院後に逮捕する方針。また三十日にも同社を家宅捜索し、運行管理に問題がなかったか調べる。
 関東運輸局と成田労働基準監督署も、同社の運行状態や労務管理の実態を調べる。
 死亡した七人は金沢市蚊爪町、会社員木沢正弘さん(50)、同市の会社員松本智加子さん(29)、石川県能登町、会社役員山瀬直美さん(43)、同県白山市、高校生岩上胡桃さん(17)、富山県高岡市泉町、アルバイト林郁子さん(50)、同市長江、バスガイド宮下紗知さん(19)、同市戸出春日、会社員長谷川茉耶さん(23)。
 重体の三人は金沢市松村、金原一二美さん(53)、同市泉本町、大江里歩さん(18)、石川県白山市新田町、岩上三千代さん(46)。けが人は、高崎市や前橋市など十二の病院に搬送された。
 現場は見通しのよいやや左カーブ。バスは左側の防音壁にめり込む形で衝突し、左側の車体が大きくつぶれていた。死者や重傷者はバスの左側の座席に集中していた。ブレーキ痕はなかった。
 ツアーは旅行会社「ハーヴェストホールディングス」(大阪府豊中市)が募集し、陸援隊が運行していた。
 県警が入手した運行予定表によると、二十八日午後十時ごろに金沢市を出発。富山県高岡市を経由し、二十九日早朝に東京・新宿駅や東京駅で大半の乗客を降ろし、午前七時四十分にTDRで七人を降ろす予定だった。
 ハーヴェスト社によると、河野運転手は直前の二十七日夜、東京方面で乗客を乗せ、二十八日朝に金沢到着。午前中から夕方まで石川県内のホテルで休み、同日夜に東京方面に折り返したとみられている。
    ◇
 陸援隊の針生裕美秀社長(55)によると、河野運転手は事故前の今月二十四~二十六日に休みを取り、二十七日の金沢への乗務の際は別の運転手も同乗した。二十八日夜、東京方面へ向かったときは一人で乗車したという。

(2012年4月30日 07時11分 東京新聞)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安全対策や労働環境、バス会社任せ…ツアー会社

2012-04-30 23:07:32 | Weblog
 今回のツアーを企画した旅行会社「ハーヴェストホールディングス」(大阪府豊中市)の橋本卓也専務が30日夜、記者会見した。

 今後、長距離夜行バスを運行委託する際には運転手2人を交代で運転させるようバス会社側に求める考えを明らかにした。

 橋本専務は「運転手が1人か2人かは運行会社に任せていた」と説明。運転手の労働環境については「特に(バス会社側からは)聞かされていなかった。委託料の値上げ要求などは把握していない」と述べた。その上で、「バス会社任せだった安全対策を、今後は契約時にきちんと求めたい。料金が上がることもやむを得ない」と話した。

 同社には同日午前、国土交通省近畿運輸局の職員6人が旅行業法に基づいて立ち入り検査を実施した。

(2012年4月30日21時42分 読売新聞)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の労働市場「憂慮すべき」状況、回復の兆しみられず=ILO

2012-04-30 23:00:00 | Weblog
[ジュネーブ 29日 ロイター] 国際労働機関(ILO)は29日、世界の労働市場について、緊縮財政や厳しい労働改革で雇用が創出されておらず、「憂慮すべき」事態につながっているとの報告書を公表した。

労働市場に回復の兆しは出ておらず、先進国、特に欧州では、失業率が2008年の危機前の水準に戻るのは2016年末以降となる見通し。生産活動の鈍化を背景に、予測時期を従来より2年先延ばした。

昨年末時点の失業者数は全世界で推定1億9600万人。2012年の失業者は2億0200万人、失業率は6.1%に達する見通し。

若者の失業率も上昇しており、特にアフリカや中東では社会不安のリスクが高まっているとも指摘した。

(2012年 04月 30日 15:51 ロイター)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雇用安定訴え メーデー式典 連合埼玉

2012-04-29 23:06:00 | Weblog
 連合埼玉(小林直哉会長)による「県中央メーデー」が二十八日、さいたま市大宮区であり、「働きがいのある人間らしい仕事の実現に向けて取り組む」との内容の宣言を採択した。
 式典には、上田清司県知事や国会議員のほか、約五千人が参加した(主催者発表)。小林会長は、昨年の東日本大震災の被害や、依然として厳しい雇用情勢に触れた上で「雇用の安定をなくして、景気回復も被災地復旧もない」と訴えた。
 式典の中で、連合埼玉は、震災の風評被害を受けた狭山茶の農家の代表に寄付金を贈呈したほか、小林会長と上田知事が、参加者に狭山茶の購入を呼び掛ける場面もあった。
 県労働組合連合会(埼労連)による「県中央メーデー」は五月一日、さいたま市浦和区の北浦和公園である。 (池田宏之)

(2012年4月29日 東京新聞)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

姫路中央メーデー:復興支援で東北物産展も 5000人集う /兵庫

2012-04-29 23:04:54 | Weblog
 「第83回姫路中央メーデー」(連合兵庫姫路地域協議会など主催)が28日、姫路市本町の東御屋敷跡公園で開かれ5000人(主催者発表)が集まった。今年のスローガンは景気対策と東北復興への一層の支援で、義援金を募る東北物産展も多くの人でにぎわった。
 会場はブルーを基調とした労組旗がいっぱい。家族連れが多く、子どもたちが元気に走り回って盛り上げに一役買っていた。
 宣言は、三菱電機労組の石橋千栄さん。「地震、津波、原発事故、被災地は苦労を強いられている」と切り出し、経済の安定成長や平和への、自由で民主的な労働運動の連携を訴えかけた。
 参加団体の関電労組姫一火力支部、前田隆執行委員長は「将来にわたり発電を原子力にこだわることはないと思っています。今は、ただ直近の夏を安全に発電したい」と話していた。
 全労連系の「第83回西播磨地域メーデー」は5月1日、同町のシロトピア記念公園で開かれる。【高橋一隆】」

(毎日新聞 2012年04月29日 地方版)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県中央メーデー:実現目指そう、安心社会 連合富山、180組合7500人参加--富岩運河環水公園 /富山

2012-04-29 23:03:40 | Weblog
 5月1日のメーデーを前に、連合富山(森本富志雄会長)の第83回県中央メーデーが28日、富山市湊入船町の富岩運河環水公園で開かれた。青空の下、約180組合7500人(主催者発表)が参加。連帯し「働くことを軸とする安心社会」の実現を目指す、などとする宣言を採択した。
 毎年、連休の初日に開催。式典で森本会長は、現在も一部で交渉が続く春闘について「富山の地場の労働状況の底上げにつなげたい」とした。また課題が山積する政府に対しては「国民の納得を得られる丁寧な政治で、現在の大きな閉塞(へいそく)感を打破してほしい」と注文した。
 式典の最後では、参加者らが「ガンバロー」を三唱。同公園周辺をデモ行進した。【成田有佳】

(毎日新聞 2012年04月29日 地方版)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県庁前広場でメーデー奈良大会 約7000人が参加

2012-04-29 22:55:48 | Weblog
 「第83回メーデー奈良地方大会」(同実行委員会主催)が28日、奈良市の県庁前広場で開かれ、若者や女性の雇用促進を訴えるとともに、東日本大震災と紀伊半島豪雨の被災地支援を盛り込んだ宣言を採択した。

 今大会には、県内の各労働組合などから約7千人(主催者発表)が参加。会場では、東日本大震災と紀伊半島豪雨の被災地の特産品などの販売も行われ、売り上げは全て義援金として被災地に送られるという。

 大会で連合奈良の小山淳二会長が「日本経済はデフレや円高などで厳しい状況にある。働くことを軸とする安心な社会の実現を目指し、若者や女性の雇用拡大を要請していきたい」と呼びかけた。その後、参加者らが「団結頑張ろう」と気勢を上げ、市内をデモ行進した。

(2012.4.29 02:01 産経新聞)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県中央メーデー:3年ぶりシュプレヒコール /秋田

2012-04-29 22:53:49 | Weblog
 第83回県中央メーデー(連合秋田など主催)が28日、秋田市の八橋陸上競技場であった。約3000人(主催者発表)が集まり、東日本大震災の影響などで昨年まで見送っていたシュプレヒコールを3年ぶりに上げながら市内をパレードした。
 連合秋田の東海林悟会長は「日本経済をいいものにしていくため、経営者と労働者が一緒になって経済を変えていかなければいけない」とあいさつし、団結の強化を訴えた。来賓として出席した佐竹敬久知事は「輸出産業が大変な状況にある。県として、最大限の雇用政策をしていかなければいけない」と話した。【小林洋子】

(毎日新聞 2012年04月29日 地方版)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県中央メーデー:8000人が参加 復興支援、景気回復、雇用拡充  /千葉

2012-04-29 22:53:04 | Weblog
 第83回県中央メーデーが28日、千葉市中央区の千葉ポートパークで開かれ、森田健作知事や熊谷俊人千葉市長のほか、県内選出の国会議員、県議、組合員など約8000人(主催者発表)が参加した。東日本大震災の復興支援や景気回復、雇用政策の拡充などを訴えた。
 黒河悟・連合千葉会長は冒頭、被災地支援について「被災地のがれき処理にはいろいろな問題や心配はあるが、処理なしには前に進まない。日本全体で支え合おう」と呼びかけた。また、雇用情勢については「雇用に対する不安や不満は世界全体の問題。人間らしい、働きがいのある仕事や労働を求め、世界の労働者と一緒に進みたい」と強調した。
 その後、集会では「復興・再生を軸に雇用と生活の再建に向けて全力を尽くし、働くことを軸とする安心社会を実現する」とのメーデー宣言を採択した。
 会場では、焼きそばや焼き鳥などの模擬店のほか、旅行券などが当たるチャリティー抽選会も行われ、家族連れなどでにぎわっていた。【斎川瞳】


(毎日新聞 2012年04月29日 地方版)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

但馬でメーデー大会 震災の復興支援継続も 

2012-04-29 22:51:52 | Weblog
 労働者の祭典メーデー(5月1日)を前に、連合兵庫但馬地域協議会が28日、豊岡市大磯町の市立総合体育館前で、「第83回メーデー但馬統一大会」を開いた。但馬全域から35労組約1500人が集まり、東日本大震災の復興支援の継続などをうたったメーデー宣言を採択した。
 連合但馬の太田智博議長が「東日本大震災後、被災地支援の寄付を募り、みなさんの熱い気持ちが集まった。復興は時間がかかる。引き続き変わらぬ支援を」とあいさつ。消費税率引き上げについて「増税先行では国民の理解を得られない。野田首相は『なぜ今なのか』を説明し、国民の信頼を取り戻してほしい」と注文を付けた。
 続いて「日本全体でつながり、支えあおう」「働くことを軸とする安心社会を実現しよう」などとしたスローガンとメーデー宣言を拍手で採択。最後は参加者全員の頑張ろう三唱で締めくくった。
 5月1日午後6時からは、豊岡市民会館駐車場で但馬労連による「2012但馬統一メーデー」がある。
(若林幹夫)

(2012/04/29 09:15 神戸新聞)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メーデー:連合の中央大会に2800人--宇都宮 /栃木

2012-04-29 22:50:56 | Weblog
 連合栃木(青木義明会長)の「第83回県メーデー中央大会」が28日、宇都宮市江野町のオリオンスクエアで開かれ、労働組合員ら約2800人(主催者発表)が参加した。
 大会には民主党県連代表の石森久嗣衆院議員ら多くの国会議員や県議らが駆けつけた。実行委員長を務める青木会長は「雇用や生活への不安を解消するためにも、働く仲間の連帯と友愛を大事にし、働くことを軸とする安心社会の実現に向けて各団体と取り組んでいきたい」と訴えた。
 「被災地の『今』を知り、被災者と寄り添いながら地域へ『共感』の輪を広げる努力を惜しまない」とする「東日本大震災復興にあたっての特別決議」なども採択された後、参加者たちは「団結ガンバロー」と声をそろえた。【岩壁峻】

(毎日新聞 2012年04月29日 地方版)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メーデー集会:久留米などで 「安心社会、実現を」 /福岡

2012-04-29 22:49:49 | Weblog
 5月1日のメーデーを前に、久留米市や大牟田市でも連合系労組の集会があった。久留米市東櫛原町では、連合福岡北筑後地協などでつくる実行委が第83回北筑後地区メーデーを開催し、好天の下、35組合と7団体の約1500人が参加した。
 藤田桂三・同地協議長は、派遣切りや解雇、内定取り消し、賃金未払いなどが続く労働問題について「私たち生活者は、経済状況が悪化した時の在庫品でもなければ生産調整の道具でもない」と力強く訴えた。また、非正規労働者の処遇改善にも取り組むことで内需が拡大し、景気好転につながると強調した。
 続いて「すべての働く者の連帯で安心社会を実現しよう」というスローガンを満場の拍手で採択。最後に「団結ガンバロー」と拳を上げ、締めくくった。
 全労連系のメーデーは5月1日に久留米市と大牟田市で開かれる。【土田暁彦】

(毎日新聞 2012年04月29日 地方版)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加