j-aizu 労働速報!

労働(組合)関係の新聞記事等を投稿していきますので、コメントをお寄せ下さい!!

連合福島会長 野党統一候補否定的 民進党に慎重対応要求

2016-10-29 22:11:00 | 労働
 連合福島の今泉裕会長は28日に福島市で開かれた連合福島年次大会のあいさつで次期衆院選について「野党共闘はあり得ない。結論を急がず、民進党にはまず組織を強化してほしい」と野党統一候補の擁立に否定的な見方を示し、支援する民進党県連に慎重な対応を求めた。

 今泉会長は大会終了後、福島民報社の取材に対し、「連合は『反自民、非共産』の立場を取っている。政権を選ぶ重要な選挙で野党共闘に賛同できない組織の総意を表明した」と話した。
 来賓の亀岡義尚民進党県連幹事長はあいさつで「党としては『政策や理念などが違う政党との協力はあり得ない』と以前から主張している」などとして、県内では新たな共闘について他党と協議しない方針を示した。
 一方、民進党本部が主導して行う全国の候補者調整の動向について注視する考えも述べた。

■労働環境改善へ 連合福島年次大会
 年次大会では約250人が出席し、労働者の支援や東日本大震災からの復興に向けた取り組みの継続など来年度の運動方針を決めた。
 方針では、非正規労働者や若者が働く環境の改善、被災地での医療・介護人材の確保、子どもの就学支援の充実、男女平等参画の推進などの実現に向け、行政や政党への働き掛けを強めることにした。労働組合の拡大・強化を目指した新たな産業での組織づくりも進める。
 補充役員の選出では、副事務局長に鈴木茂氏(自治労)を新たに選んだ。任期は来年10月の定期大会まで。
 増子輝彦参院議員らが祝辞を述べた。

( 2016/10/29 10:59 福島民報)
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 65歳以上まで働ける割合全国1... | トップ | 高市総務大臣閣議後記者会見... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL