j-aizu 労働速報!

労働(組合)関係の新聞記事等を投稿していきますので、コメントをお寄せ下さい!!

違法時間外労働55% 岩手労働局15年度指導

2016-10-29 22:04:01 | 労働
 岩手労働局(久古谷(くごたに)敏行局長)は28日、2015年度の過重労働による過労死など健康障害防止の監督指導結果を公表し、県内の監督指導対象152事業場のうち労働基準法違反の時間外労働があったのは85場(55・9%)と過半数を超えた。1カ月当たり時間外労働が200時間を超えた事業場は3場だった。本県の過労死の労災認定は15年度4件。11月は「過労死等防止啓発月間」で、同労働局は電話相談やセミナーで周知・啓発する。

 監督指導対象の事業場数は製造業55場、商業29場、建設業14場など。何らかの労働基準関係法令違反のあった事業場は127場(83・6%)で、時間外労働以外の主な違反と事業場数は賃金不払い残業29場(19・1%)と健康障害防止対策18場(11・8%)だった。

 労基法違反の時間外労働の業種別事業場数は製造業(32場)、商業(17場)が多く、両業種は法令違反事業場の割合も他より高かった。時間外労働の時間数(1カ月当たり)の最長は運送業者の271時間。過労死ラインとされる80時間を超えたのは計50場に上った。

(2016/10/29 岩手日報)
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有効求人倍率1・87倍 9... | トップ | 原発審査担当の関電社員過労自殺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL