j-aizu 労働速報!

労働(組合)関係の新聞記事等を投稿していきますので、コメントをお寄せ下さい!!

電通と三菱電機、入札停止 滋賀県、違法労働容疑受け

2017-01-25 12:53:10 | 労働
 滋賀県は24日、社員に違法な長時間労働をさせたとして、労働基準法違反容疑で書類送検された電通と三菱電機を入札参加資格停止とした。来月23日までの1カ月間。

 県によると、罰金刑に当たる容疑で書類送検されたことが県の入札参加停止基準に該当した。県会計管理局によると、労基法違反容疑への対応としては異例。同局の東登志也次長は会見で「事案の社会的影響が大きく、公契約の相手方にふさわしくないと考えられる」と述べた。

 電通広報部は「重く受け止め、全力で労働環境改革を進める」、三菱電機広報部は「真摯に受け止め、あらためて労働管理を徹底する」とそれぞれコメントした。

 電通は2016年度、近江牛の魅力発信事業など4事業計8400万円、15年度は滋賀ゆかりの戦国武将石田三成の知名度向上事業を3700万円で受注。三成を行政らしからぬ「チープでゆるい」作風でおもしろおかしく紹介するCM動画がインターネット上で評判を呼んだ。三菱電機は16年度、放射線監視装置(モニタリングポスト)の保守点検など4事業計7千万円で契約していた。

(2017年1月24日 20時27分 中日新聞)
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三菱電機社長、長時間労働問... | トップ | 関西電力、長時間労働の削減... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働」カテゴリの最新記事