j-aizu 労働速報!

労働(組合)関係の新聞記事等を投稿していきますので、コメントをお寄せ下さい!!

保育所就職フェア:「潜在保育士」に注目 人材不足深刻、現場を離れている有資格者探せ!--津 /三重

2013-12-02 08:34:15 | Weblog
 人材不足が深刻な保育現場では、新卒者とともに、現場を離れている有資格者「潜在保育士」に注目が集まっている。学生や潜在保育士の就職支援をするため、県社会福祉協議会などは30日、津市桜橋2の県教育文化会館で「保育所就職フェア2013inみえ」を開いた。【谷口拓未】

 三重労働局のまとめでは、4~9月の保育士の有効求人数、求職者数から算出した有効求人倍率は1・04倍。保育士不足だが、県内のハローワークを利用した有資格者483人のうち259人(10月1日現在)が、保育現場を志望しなかった。

 全国80カ所のハローワークで5月に実施した、保育士を希望しない有資格者対象の調査によると、回答した958人のうち、24・9%(複数回答)が「ブランクがあることへの不安」を理由に挙げた。30代に限ると26%が「子育てとの両立がむずかしい」とした。

 就職フェアは県の委託事業。新卒者と同時に潜在保育士への就職支援も重要とし、不安解消や保育所とのマッチングに生かしてもらう狙いがあった。

 学生のほか、子連れの参加者も見られ、保育所との個別面談で、業務内容や待遇などの説明を受けた。自分の子どもが帰宅する時間までの勤務について、質問する人もいた。

 子どもの幼稚園入園を機に、保育所へ就職を考える津市半田の元幼稚園教諭、今井知寿さん(30)は出産時に前の職場を退職。育児をしながら資格を取得した。「育児と仕事を両立したい。面談先に可能な範囲の勤務、ブランクは問題ないと言われ、仕事がイメージできた」と話していた。

 今年度から設置された県保育士・保育所支援センターでは、求人、求職相談を受け付けている。問い合わせは(059・227・5160)。

〔三重版〕

(毎日新聞 2013年12月01日 地方版)
ジャンル:
速報
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 障子張り替え:高齢者、感謝 ... | トップ | 公務員制度改革法案、自公民... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
Book Game (bookgame)
Book Gamehttp://bookgamecc.web.fc2.com/ <img src=