j-aizu 労働速報!

労働(組合)関係の新聞記事等を投稿していきますので、コメントをお寄せ下さい!!

「注目度、重大性を重視」=異例スピード立件で東京労働局-電通書類送検

2017-01-03 18:38:00 | 労働
 電通と幹部を書類送検した東京労働局の過重労働撲滅特別対策班(通称かとく)は28日の送検後、都内で記者会見した。樋口雄一監督課長は「注目度や事案の重大性に鑑みて、送致できるものから直ちに送致するという観点から行った」と述べ、異例の対応だったことを認めた。
 樋口課長は「今回は高橋まつりさんのことが大きかった。過重労働で自死された重大性に鑑みた」と説明。25日の高橋さんの命日を意識したのかと問われ、「ないわけではない」と述べた。政府の働き方改革などを背景に、長時間労働の是正に対する社会の関心が高まっていることも理由に挙げた。

(2016/12/28-19:43 時事ドットコム)
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電通、長時間労働問題で執行... | トップ | 仕事の強制終了「高い効果」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL