思う存分楽しめ!広告業界就職活動学生 ~09年度新卒へ~

これまで広告業界を志望した人達が、これから広告業界を志望する人達へメッセージを送るブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自己分析って何?

2007-09-05 00:35:59 | Weblog
はじめまして。
aya08です。

わたしは、
広告業界、シンクタンク業界を主に就職活動し、
来春からは某シンクタンクで働きます。

わたしにとって一年前、
この時期聞き始めた耳慣れない、
そしてちょっとうさんくさい言葉、
それは「自己分析」でした。

20数年間生きてきたし、
自分のことなんて嫌になるくらい知ってるつもり!
なのになんで今更、分析をしないといけないのか。
はじめはちょっと、
「気持ち悪い作業だなぁ。」
と思ってました。

だけど就職活動が進むにつれ、
わたしなりに「自己分析」というものを理解しだしました。

だから今回は、
なぜ「自己分析」って必要なんだろうか。
そもそも「自己分析」って何だろうか。
ということを、
就職活動を終えた立場から、
書いてみたいと思います。


就職活動において、自己分析がなぜ必要なのか。
それは、就職活動では相手に自分を伝えなくてはならないからです。
そして、そのためには言語化する必要があるからです。

自分の頭で考えていることと、
考えていることを口に出してみること。
この2つを近づけるのは、
実は簡単なようで至難の業だったりします。

「うまく言えんけど・・・こんなかんじ。」
っていう、
仲の良い友達同士なら汲めるニュアンス会話も、
エントリーシートや面接等、
初対面同様の状態では難しい。
しかも限られた字数、時間。

ちゃんと自分の本質をついていて、
簡潔に言語化された表現でないと、
伝わりにくい可能性、大です。

ちゃんと分かっているはずの自分のことですが、
「自己分析」のゴールは自分を分析することではなく、
分析した自分を伝えられるようになることじゃないか、
とわたしは考えています。


じゃあ具体的にどうすればいいのか、と言えば、
やり方に答えはきっとないと思います。

広告労協の先輩方のように、
カフェテリアに出入りすることも一つの有効な方法だと思います。
だけどもちろん、他にも方法はたくさんあると思います。
友達や家族と話してみてもよいし、自分で考えあぐねるのも一手。
何でもありだと思います。

始めてみなければ分らないことって、結構あります。
あれこれ思い悩むのも一つ。
でも、思い悩まないで動いてみるのも一つ。

自分のイメージを人に伝えられるようになるまで、
色んな人に接して、試行錯誤してみてください。

応援しています。
長文を、読んで頂いてありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入室せよ! | トップ | 自分自身は、意外とわからな... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2008-03-25 21:44:39
シンクタンク乙

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アルファテクノロジー株式会社 (仕事探し情報ネット)
さあ、あなたは何を開発・設計しますか? 自動車の設計・開発をしたい。けど・・・デジカメの開発もしてみたい。 大学でいろいろなことを学んだけど、まだ何をやりたいか決まっていない。 いろいろなものの開発・設計を体験・経験してみたい。 技術者を志望するのであ...