クロスバイクで元気

念願叶った定年退職の身は、先立つ物は細く時間は太くの狭間。
歩いて、自転車に乗って感じたことを、気ままに書き続けます。

家の中で尻もちをつきそうに

2017年11月28日 14時10分06秒 | ボケまくり
家の中でソファに座る時、尻の半分近くが座面から外れており、あわやドスンと床に尻をつきそうになりました。
なんの気なしに無造作に行動をすることはいけません。
座る時にこけていては、人に話すのも恥ずかしい......。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日訪れた木彫作家の工房

2017年11月27日 18時20分34秒 | 日記
昨日訪れたとある木彫作家の工房。
その話しぶり、視線の柔らかさと時折見せる厳しさからは、豪放な性格とお見受けしているのですが、お話しを伺うと緻密な面も織り交ざってきます。

小学生の頃は、通学途中に山の中の小屋に駆け込み、置いてある道具を使って一日中木彫りをした日もあるとかいいますから、褒められたことではありませんが、筋金入りです。

先輩である高名な作家の鑿痕を見れば、その作家の鑿の動きとともに、息遣いまで聞こえると言います。
彫っている時に、作品の向かう方向に、天の声というか、聞こえるものがあり誘惑にかられると言います。
作品には性格が出ると言います。

極めつけは、『自分が一番嫌い』。
とても向上心が強い人なんでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重さ20kgは、抱きかかえるのにちとシンドイ。

2017年11月25日 19時02分39秒 | 日記
愛用しているプリンター。
昨日午後20枚ほどプリントした後で、いきなり『プリンターに障害が発生しました。電源を切って電源コードを抜き、修理に出してください』(記憶で書いていますので、詳細部分は違っています)と、有無を言わさぬ無情なメッセージがパソコン画面に表示されます。
それでもと、一度プリンターのパワーオフオンをしたけど、同じ事象です。
やむなく、メーカーのサービスセンターに電話し、修理の受付時間と駐車場、そして持ち込む風体を確認して、今日の午前にプリンターを持ち込みました。

何しろ重さ20kgですから、家で車に積み込む時、そしてサービスセンターの建物の地下2階の駐車場から2階のサービスセンターまでの大変なこと。
両腕で抱きかかえたプリンターを落としては元も子もなくなるし、腰をぐいって入れて慎重に運びましたが、非力な私の腕はだるくなります。

サービスセンターでは、開いている入口の向こうにいた係りの方が、私のおぼつかない足取りを見て近寄ってきて、私からプリンターを受け取ってくれました。

サービスセンターの皆さんの応対には感謝しきりですが、折角の延長保証3年(メーカー保証を含め)に入っていたのに、購入後4年半の故障では役に立ちません。
この3年保証は、自然故障以外の落下、水濡れなども限度額を決めて保証してくれるのですが、同じ保証料金(商品価格の5%)で自然故障のみ5年の延長保証に入っていれば、無償で修理してもらえたのに残念。
まぁ、後の祭りですが、これも勉強です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

劇団三喜の痛快時代劇で、心の洗濯

2017年11月24日 21時30分30秒 | 日記
まさに“痛快”時代劇。
昨日楽しんだ劇団三喜の「人情裏長屋・ふらり心兵衛」(一幕十場)、そして唄と踊りの「艶華爽」。

大舞台のコクのある色遣いが江戸の空気に観客を取り込みます。
楽しい語りが、観客の笑いの蛇口を緩め、艶やかな衣装のリズミカルな踊りが、観客を同じステップに誘います。
そして、よく伸びる澄んだ歌声が、観客の心を洗います。

会場いっぱいに詰めかけた人々と、出演者の心地よい心の触れ合いが、人々の心を相互に暖めます。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めて尋ねられた言葉の心づかいが嬉しい

2017年11月23日 21時26分13秒 | 日記
今日入ったコンビニで朝食兼昼食w買った時、「これ温めてちょうだい」と差し出したミニカレーパン。
温め終わった店員さんの優しい言葉『これぐらいで、いいですか?』と、私に温かさを確認してきます。
思わず袋の上からパンを触って、「ちょうど、いいですよ」の言葉もにこやかになります。

店員さんは、東南アジア系の青年。
初めて尋ねられた言葉。
心づかいが嬉しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加