クロスバイクで元気

念願叶った定年退職の身は、先立つ物は細く時間は太くの狭間。
歩いて、自転車に乗って感じたことを、気ままに書き続けます。

津本芳久さんが描く美人画には、美女一人ずつの芯の通った気性が優しく表現されてます

2017年06月30日 12時36分48秒 | 美術展
津本芳久さんが描く美人画。
色とりどりの模様の着物をしゃなりと着込んだ美女が並びます。
縦45cm、横38cmの色紙に命を吹き込まれた美女は10人。

若干下から仰ぎ見るアングルが、美女一人ずつの芯の通った気性を優しく表現しています。
美女の隣に書き込まれた一言が、美女をより近くに感じられて嬉しいですね。

津本芳久さんの色紙画展は、いちい信用金庫本店(一宮市若竹三)で7月21日(金)まで開催中です。(土曜、日曜と祝日はお休みです)
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かなり危ない症状か?? | トップ | 大須の街中のあちらこちらに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術展」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。