クロスバイクで元気

念願叶った定年退職の身は、先立つ物は細く時間は太くの狭間。
歩いて、自転車に乗って感じたことを、気ままに書き続けます。

岩瀬投手が最多登板試合タイ

2017年08月05日 17時26分41秒 | ドラゴンズ
ドラゴンズの岩瀬仁紀投手が、昨夜の読売戦で9回2死1、2塁で登板。
満塁とされる1安打を打たれるものの失点を防ぎ、通算949試合目の登板を勝利投手で飾り、阪急(、阪神、近鉄)で活躍した米田哲也投手の記録に並びました。

岩瀬投手が自ら何回も言っているように、『米田さんや金田さん(通算登板試合3位)は、先発しながらの数字ですし、とてもじゃないけど中身が全然違います。』ということだとは私も思いますが、登板するまでのブルペンでの準備や、登板した時の試合の雰囲気は、リリーフならではの大変さ、重苦しさがあったことだと思います。

米田投手と岩瀬投手の通算949試合時点での記録の数字を単純に並べました。
更に、単純に2人の数字を9イニング当たりに換算して比較すれば、拮抗したものとなります。

そうはいっても、登板イニング数は、米田投手(5130イニング)は岩瀬投手(947イニング)の5.4倍もあり、そのタフネスぶりは今でも私ははっきりと覚えています。
もし、米田投手が登場するのが40年遅く、そしてリリーフを主体として投げていたら、どんな大記録を打ち立てるか興味津々たるものがあります。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壁一面に並ぶ明るい色合いの絵 | トップ | 南直哉さんは語ります 『人が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。